子宮腺筋症の治療法は、症状の程度や子宮の大きさ、
そして妊娠・出産の希望の有無によって選択します。

子宮を構成する筋肉になんらかの原因で子宮内膜(月経時に出血する部分)が入り込むことで、子宮が腫大してしまう病気です。女性ホルモンが分泌されている間(閉経以前)は症状が持続したり、悪化することが多いのですが、閉経を迎えると症状が軽快します。

子宮腺筋症の症状

月経困難症の原因となります。それ以外に月経過多、腰痛、貧血、腹部腫瘤蝕知、不妊・流産の原因など。

子宮腺筋症の対処法

症状の軽い場合は、定期的な産婦人科受診だけで様子をみることもありますが、多くは月経困難症が強いので、痛み止めを服用して症状が軽快するかを確認します。また、子宮内膜症や子宮筋腫を合併することがありますので、その検査を行います。症状が強い場合や大きさが徐々に増大する場合には治療を行います。

子宮腺筋症の治療法

子宮腺筋症の治療法は、症状の程度や子宮の大きさ、そして妊娠・出産の希望の有無によって選択します。

手術療法

  • 原則的に子宮を摘出する子宮全摘術を行います。
  • 選択肢として温存手術もありますので担当医とご相談ください。

薬物療法

  • 手術希望がない場合や妊娠・出産の希望がある方には薬物による治療を行います。
  • いくつかの治療法がありますが、ホルモン剤を用いて体内のホルモン環境を変化させることにより腺筋症を軽快させる方法です。

婦人科の病気

低用量ピル

生理に伴って起こるさまざまな症状、あなたにこんな症状はありませんか?

子宮頸がん

子宮頸がんは、20歳代後半~40歳代後半と若い世代に多いがんです。

子宮筋腫

子宮筋腫の治療に内視鏡を用いた手術を行っています。

子宮内膜症

子宮内膜症は、生殖年齢女性の約7~10%の頻度でおこり、20~40代でよくみられます。

卵巣のう腫

卵巣腫瘍の治療に内視鏡を用いた手術を行っています。

子宮腺筋症

子宮腺筋症の治療法は、症状の程度や大きさ、妊娠・出産の希望の有無によって選択します。

子宮脱・性器脱

高齢化社会に突入し、50代から70代にかけての女性に増えているのが、子宮脱(性器脱)です。

月経前症候群

PMSとは月経前に調子が悪くなり、月経の始まりとともに軽快する症状のことをいいます。

更年期障害

更年期障害というのは女性ホルモンの急激な減少によるさまざまな症状のことをいいます。