子宮鏡検査

子宮鏡とは、子宮の中に細いカメラをいれて、子宮の内部を直接観察するものです

直径3.1mmの細いファイバースコープを子宮頚部からゆっくりと子宮内腔へと挿入し、子宮頸管や子宮内腔を直接観察する検査です。

不正性器出血の原因検索、子宮頸管や内腔の癒着や隆起性病変の有無の確認、また子宮内膜の機能を評価することもでき、不妊検査の一つとしても非常に有用な検査です。

検査の所要時間は数分間で外来で行います。当院で使用している子宮鏡は、直径が非常に細いため痛みを伴うことはほとんどありません。

子宮鏡
細い管状のカメラで、腟から子宮の入口に挿入して、直接子宮の内側を観察することができる内視鏡の1つです。胃カメラを小さくしたようなイメージです。当院で使用している子宮鏡は、直径3.1mm程度です。

子宮鏡検査の対象となる病気

  • 子宮体がん
  • 子宮内膜ポリープ
  • 子宮筋腫
  • 子宮奇形
  • 不妊症
  • 子宮内のその他の病変

子宮鏡検査の実際

子宮鏡検査は婦人科外来で行い、予約が必要です。検査の時期は、出血や妊娠の可能性がない月経の直後がもっとも適していますが、妊娠の可能性が全くなければ、基本的にはいつでも可能です。
子宮内の観察を容易にするため、子宮の中に生理食塩水を注入しながら検査します。
当院で使用している子宮鏡は、直径が非常に細いため、頸管拡張や麻酔は不要です。
検査は5分程度で終わります。

最新情報をチェックしよう!

婦人科のご案内の最新記事8件

>女性のライフサイクルを応援します

女性のライフサイクルを応援します

産科・婦人科 藤東クリニック
〒735-0029 広島県安芸郡府中町茂陰1丁目1-1
TEL: 082-284-2410
FAX: 082-284-2411
MAIL: [email protected]

電話でのお問い合わせご相談は、受付時間内にお願いいたします。
受付時間: 午前 9:00〜午後 17:30(日曜・祝日、休診日を除く)

CTR IMG