子宮頸がん9価ワクチン

HPV(ヒトパピローマウィルス)とは

ヒトパピローマウィルス(HPV)は、性交渉のある女性の半数以上が生涯で一度は感染すると(今のところ)考えられている一般的なウィルスです。
しかし子宮頸癌ばかりでなく、膀胱癌、咽頭癌、肛門癌、膣癌、外陰癌のほか尖圭コンジローマというイボなど多くの病気の発生に対して、大きく関わっていることが分かってきています。このHPVには多くの型が存在し、その中の一部が癌発生にリスクが高い型だということがわかってきています。
最近、女性20代の死亡率2番目を占めるほど子宮頸癌が増えてきていることもあり、問題視されています。日本では毎年1万人の女性が子宮を失い、3000人が亡くなっています。

日本の子宮頸癌ワクチンの現状

現在、日本全国の小学6年生から高校1年生まで無料接種できるワクチンは、「サーバリックス」と「ガーダシル」の2つです。
サーバリックスはHPVのうち、2つの型(16、18型)に。ガーダシルは4つの型(6、11、16、18型)に対するワクチンになっています。この2つのワクチンでは、子宮頸癌の65%程度の発生抑制しか期待できません。
そのため海外ではガーダシル9(Gardasil9)というHPV9つの型(6、11、16、18、31、33、45、52、58型)に対応し、90%に対応するワクチンが主流になっています。(アメリカ、イギリス、オーストラリア、フィンランド、中国、韓国など、HPVワクチンが認められているほとんどの国においてです。)
自費で子宮頸癌ワクチンを打つ場合には、シルガード9(海外のガーダシル9と同じ製品です)の選択肢が増えました。当院は接種登録施設です。

シルガード9ワクチン接種について

子宮頸がん9価ワクチン 米国Merck社製(HPV)

ヒトパピローマウイルスに対するワクチンで、国内で使用されている4価ガーダシルよりも広い範囲でウイルスに予防効果を持ちます。ヒトパピローマウイルスの感染予防により、子宮頸がんの90%以上の減少効果と生殖器や肛門周辺の腫瘍を予防、また性病の一つである尖圭コンジローマ(良性腫瘍)を減少させます。

薬剤の特徴

・不活化ワクチン
・1回0.5mlを筋肉注射で投与します

適応年齢

・9~45歳のみ適応

接種スケジュール

・3回接種(当日、2ヶ月後、6ヶ月後)

女性への接種効果

女性にとっては、子宮頸がんのみならず、生殖器と肛門周囲の複数の癌に対して大きな減少効果があります。また尖圭コンジローマなどの良性腫瘍も減らします。

男性への接種効果

男性には、肛門がんと尖圭コンジローマなどの良性腫瘍を減らす効果があります。

料金

・1回 24,240円(税別)
(予約による受注制で、納期は約1週間です)

子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために

最新情報をチェックしよう!
>女性のライフサイクルを応援します

女性のライフサイクルを応援します

産科・婦人科 藤東クリニック
〒735-0029 広島県安芸郡府中町茂陰1丁目1-1
TEL: 082-284-2410
FAX: 082-284-2411
MAIL: [email protected]

電話でのお問い合わせご相談は、受付時間内にお願いいたします。
受付時間: 午前 9:00〜午後 17:30(日曜・祝日、休診日を除く)

CTR IMG