産科

妊娠中の歯科治療

妊娠期は、口腔内にトラブルを起こしやすい時期です。

歯周病菌・菌産生の炎症物質は、早産・低体重児出産の危険リスクとなり、むし歯菌は母子感染により生まれてくるお子さんのむし歯罹患リスクを高めることとなります。
妊娠中の歯科治療で最適な時期は安定期の、妊娠5〜7か月の間です。

妊娠中に起こりやすい病気や歯のトラブル

◯妊娠性歯肉炎
妊娠すると、歯肉が赤く腫れ、時には出血することもあります。

◯むし歯
妊娠すると口の中の唾液が粘っこくなり、つわりなどで食事の回数が増えて、口の中が汚れやすくなります。
その結果、むし歯になる危険性が増加します。

◯歯周病が胎児に与える影響
最近、母親が中等度〜重度の歯周病にかかっていると「低体重児」を出産しやすくなったり、「早産」しやすくなったりするという報告もありますので早期に治療しましょう。

予防方法
いずれの症状も、「ていねいな歯磨き」によって十分に予防できます。
バランスのよい食事を摂り、つねにお口の中を清潔にしておくことが大切です。
妊娠して母子手帳をもらったら、歯の健診を受けましょう。
妊娠中に歯が痛んだり腫れたりしないためにも、歯の健診を受けることが大切です。

妊娠中の歯科X線撮影
妊娠6〜12週の間のX線撮影は、胎児に影響を与えるといわれていますが、お腹の部分に防護エプロンをした場合、数枚程度の撮影であれば心配いりません。

妊娠中の内服薬
妊娠中に抗生物質や鎮痛薬などの「飲み薬」が胎児に影響を及ぼすのは、4〜16週といわれています。
この期間であっても、抗生物質の場合は、セフェム系およびペニシリン系であれば胎児に対する安全性は高いといわれています。
妊娠末期には鎮痛薬は胎児への影響を考えてアセトアミノフェンを使います。

妊娠中の麻酔
妊娠中の歯科治療における麻酔使用については、通常の麻酔量であれば、胎児に対して心配はないといわれています。
ただし、妊娠8か月以降は早産の可能性があるので、歯科医に相談してください。

産科

  1. 出産について

    出産について

    出産の基本方針は自然分娩です。 経験豊かなスタッフによる、安心、快適なマタニティライフを提供します。

  2. クアトロテスト

    クアトロテスト

    母体血清マーカー検査は、胎児異常の早期診断を目的に、妊娠前半期に行われる出生前検査の1つです。

  3. 妊婦健診

    妊婦健診

    個人病院ならではのきめ細やかなサポート

  4. 無痛分娩

    無痛分娩

    陣痛の痛みを取り除く無痛分娩にも対応しています。

  5. 妊娠中のトラブル

    妊娠中のトラブル

    妊娠中に起こりうるトラブルについて、詳しく解説します。

  6. 妊娠中の歯科治療

    妊娠中の歯科治療

    妊娠期は、むし歯をはじめ口腔内にトラブルを起こしやすい時期です。

  7. 助産外来

    助産外来

    当院でお産をされる妊婦さんを対象に、助産師による妊婦健診を行っています。

  8. マタニティ教室

    マタニティ教室

    当院では妊婦さんを対象に、助産師によるマタニティ教室を開いています。

  9. バースプラン

    バースプラン

    「バースプラン」とは、名前の通り「出産-birth-の計画-plan-」です。

  10. イベント

    イベント

    藤東クリニック3階スタジオにてマタニティヨガ、マタニティフラ、アフタービクス、ベビービクスを行っています

  11. ハーブティー

    ハーブティー

    当院では、産後のお母さまの疲労を回復しながら、母乳分泌をよくするためにもハーブティ-として、ハーブコーディアルをお出ししています。

  12. アロマテラピー

    アロマテラピー

    アロマテラピーは、分娩促進効果、リラックス効果、リフレッシュ効果、鎮痛効果など、さまざまな効果が期待できます。

  13. 母乳外来

    母乳外来

    藤東クリニックでは、退院後も母乳育児が順調にできるように助産師による母乳外来を開いています。

  14. 分娩予約

    分娩予約

    当院での分娩をご希望される方は、お早めにご予約をお願いいたします。 受診される前の分娩予約も可能です。

  15. 出産育児一時金直接支払制度

    出産育児一時金直接支払制度

    当院は出産育児一時金直接支払制度を導入しています。