妊娠中の歯科治療

妊娠期は、口腔内にトラブルを起こしやすい時期です。

歯周病菌・菌産生の炎症物質は、早産・低体重児出産の危険リスクとなり、むし歯菌は母子感染により生まれてくるお子さんのむし歯罹患リスクを高めることとなります。

妊娠中の歯科治療で最適な時期は安定期の、妊娠5〜7か月の間です。

妊娠中に起こりやすい病気や歯のトラブル

妊娠すると、歯肉が赤く腫れ、時には出血することもあります。

妊娠すると口の中の唾液が粘っこくなり、つわりなどで食事の回数が増えて、口の中が汚れやすくなります。
その結果、むし歯になる危険性が増加します。

最近、母親が中等度〜重度の歯周病にかかっていると「低体重児」を出産しやすくなったり、「早産」しやすくなったりするという報告もありますので早期に治療しましょう。

予防方法

いずれの症状も、「ていねいな歯磨き」によって十分に予防できます。
バランスのよい食事を摂り、つねにお口の中を清潔にしておくことが大切です。
妊娠して母子手帳をもらったら、歯の健診を受けましょう。
妊娠中に歯が痛んだり腫れたりしないためにも、歯の健診を受けることが大切です。

妊娠中の歯科X線撮影

妊娠6〜12週の間のX線撮影は、胎児に影響を与えるといわれていますが、お腹の部分に防護エプロンをした場合、数枚程度の撮影であれば心配いりません。

妊娠中の内服薬

妊娠中に抗生物質や鎮痛薬などの「飲み薬」が胎児に影響を及ぼすのは、4〜16週といわれています。
この期間であっても、抗生物質の場合は、セフェム系およびペニシリン系であれば胎児に対する安全性は高いといわれています。
妊娠末期には鎮痛薬は胎児への影響を考えてアセトアミノフェンを使います。

妊娠中の麻酔

妊娠中の歯科治療における麻酔使用については、通常の麻酔量であれば、胎児に対して心配はないといわれています。
ただし、妊娠8か月以降は早産の可能性があるので、歯科医に相談してください。

最新情報をチェックしよう!

産科のご案内の最新記事8件

>女性のライフサイクルを応援します

女性のライフサイクルを応援します

産科・婦人科 藤東クリニック
〒735-0029 広島県安芸郡府中町茂陰1丁目1-1
TEL: 082-284-2410
FAX: 082-284-2411
MAIL: [email protected]

電話でのお問い合わせご相談は、受付時間内にお願いいたします。
受付時間: 午前 9:00〜午後 17:30(日曜・祝日、休診日を除く)

CTR IMG