風しんの抗体検査を実施します

風しんは予防接種で予防可能な感染症です

抗体を持たない又は抗体価の低い妊娠初期の女性が風しんにかかると、心疾患や白内障、難聴など「先天性風しん症候群」の子どもが生まれることがあります。

妊娠中の女性は予防接種が受けられないため、抗体を持たない又は抗体価の低い妊娠中の方は、可能な限り人混みを避け、不要不急の外出を控えるようにしてください。
妊婦の周りにいる方は、風しんを発症しないよう予防に努めてください。

なお、妊娠を希望される女性やその配偶者、低抗体価の妊婦の配偶者は、県や広島市、呉市,福山市が実施する「風しん抗体検査」を受けることで、ご自身に風しんの発症や重症化を予防できる免疫があるか確認することができます。

関連記事

  1. 妊婦さんへ風疹からの緊急避難行動のお願い 緊急第 2 報

  2. 食材中の放射性セシウムについて心配しておられる妊娠・授乳中女…

  3. インフルエンザ予防接種を始めます

  4. 妊娠中に風疹含有ワクチンを誤って接種した場合の対応について

  5. 「ままのて」の記事を監修しました

  6. インターネットでの初診予約受付ができます