妊婦健診における子宮底長、腹囲の測定につきまして

当院では妊婦健診時に子宮底長、腹囲の測定は行わないこととなりましたのでお知らせします。

子宮底長は超音波検査で代用可能であり、腹囲は測定の有用性が認めがたいという見解が日本産婦人科学会から出されています。当院では、産婦人科診療ガイドライン(以下抜粋)の明示に従い、測定を省略することとしました。

子宮底長、腹囲の測定を行わないことで母児の安全性には影響しませんのでご安心ください。ご不明な点がありましたら健診時にお尋ねください。

産婦人科診療ガイドライン-産科編2017
CQ001 特にリスクのない単胎妊婦の定期健康診査の解説より(3頁)
定期健診では毎回、体重・子宮底長・血圧の測定、尿化学検査(糖、蛋白)、児心拍確認、浮腫の評価を行う。ただし、超音波検査を実施した場合、子宮底長測定は省略できる。腹囲測定の有用性に関しては不明なので省略可能である。

関連記事

  1. 広島ホームテレビ「Jステーション」に出演しました

  2. 鈴木医師が診療スタッフに加わりました

  3. 当院レストラン「PORTE BONHEUR」が紹介されました…

  4. 妊娠している、あるいは授乳中の婦人に対しての鳥インフルエンザ…

  5. 「ままのて」の記事を監修しました

  6. 「こそだてハック」の記事を監修しました