婦人科

子宮がん検診

20歳から子宮頸がん検診が必要です

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部の粘膜上皮(表面の細胞)に「がん」ができる女性特有の病気です。女性に起こるがんとしては世界的に、乳がんに次いで発症率、死亡率ともに第2位です。

子宮頸がんに関してはこちら

現在、日本では年間約12,000人が子宮頸がんを発症し、約3,500人が死亡しています。死亡に至らない場合でも、子宮全体の摘出により妊娠や出産ができなくなることもあります。
子宮頸がんの患者さんは、20歳代後半~40歳代後半と若い世代に多いがんです。早期に発見すれば治癒しやすいことから、早期発見が大変重要といえます。

子宮頸がん検診としてまず実施されるのは、子宮頸部細胞診です。これは綿棒などで子宮頸部の表面をこすりとって調べるもので、簡単で痛みの少ない検査です。妊娠中でも子宮頸がん検診は安全、簡単に行えます。
細胞診を行い、異常のある場合に精密検査(コルポ診、組織診)を行います。
異常が見つからなくても、2年に一度検診を受けましょう。

コルポスコピーとは
コルポスコープという拡大鏡で子宮頸部を観察する検査です。細胞診で精密検査が必要であるという結果が出ると、コルポ診が必須です。
コルポ診で異常があった場合は、「狙い組織診」が行われます。狙い組織診はコルポスコープで見ながら、病変の広がりと境界を確認し、最高病変と思われるところを中心に1〜数カ所を採取します。狙い組織診の検査結果で次にどうするのかの大半が決まります。
前がん病変(がんの一歩手前)や、子宮頸がん0期(上皮内がん)では、頸部の表面を切除する円錐切除法で治療できます。当院では高周波を用いたLEEP装置を用いて、日帰り手術を行っています。

婦人科

  1. 婦人病一般

    婦人病一般

    女性には独特の生理現象がありますが、これに異常をきたすと大変つらいことになります。また、病気の性質上、気軽に相談 しにくいこともあり、病気の発見が遅れることにつながります。まず一度、勇気を出してぜひご相談ください。

  2. 婦人科の病気

    婦人科の病気

    「婦人科の病気」について詳しく解説します。

  3. 低用量ピル

    低用量ピル

    実は、ほとんどの女性の悩みです。生理に伴って起こるさまざまな症状、あなたにこんな症状はありませんか?

  4. 内視鏡手術

    内視鏡手術

    内視鏡手術の特長は、身体への侵襲が少なく、入院期間が短いことです。婦人科良性腫瘍(子宮筋腫、卵巣腫瘍など)はほとんど内視鏡手術で治療することが可能ですのでぜひご相談ください。

  5. 子宮がん検診

    子宮がん検診

    子宮頸がんの患者さんは、20歳代後半~40歳代後半と若い世代に多いがんです。早期に発見すれば治癒しやすいことから、早期発見が大変重要といえます。

  6. 不妊症

    不妊症

    妊娠しようとしているにもかかわらず、一定の期間を経ても妊娠しない状態を不妊症といいます。

  7. 子宮鏡手術

    子宮鏡手術

    子宮鏡手術は、子宮用の細い内視鏡を子宮の入り口から挿入して、子宮内の様子をモニターで観ながら病変を電気メスで切開・切除します。 腹部の傷がなく、体への負担が少ない手術です。

  8. 円錐切除

    円錐切除

    前がん病変や、上皮内がんでは、円錐切除法で治療できます。子宮のほとんどを残すことができ、妊娠・出産も可能です。当院では高周波を用いたLEEP装置を用いて、日帰り手術を行っています。

  9. 腹腔鏡手術

    腹腔鏡手術

    卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術の特長は、身体への侵襲が少なく、入院期間が短いことです。

  10. 子宮鏡検査

    子宮鏡検査

    不正性器出血の原因検索、子宮頚管や内腔の癒着や隆起性病変の有無の確認、また子宮内膜の機能を評価することもでき、不妊検査の一つとしても非常に有用な検査です。