すそわきがとは?すそがの自己チェック方法や治療、対策

藤東クリニックお悩み相談室~すそわきがについて~

 
質問者
デリケートゾーンのにおいが気になっているのですが、もしかして「すそわきが」なのかもしれないと思いました。すそわきがだと、病院で治療するしか臭いを無くすことはできないのでしょうか?
 
藤東先生
今回は「すそわきが」について解説しましょう。

陰部のにおいが気になる人はみんなすそわきが(すそが)?

陰部からの臭いが気になると、ちょっとした日常動作をするのにも不安を感じてしまいますよね。しゃがんだ時や足を組んだ時など、友人や恋人にも臭いに気付かれるのではと思うと、会話にも集中できなくなってしまいます。

とはいえ、陰部が臭うからといって、必ずすそわきがだとは限りません。誰でも多少の乳酸臭はあるため、少し酸っぱいような臭いがする場合は、そこまで深刻にならなくても大丈夫です。

もし、脇で臭う「わきが」のような、ネギなどのツンとする刺激臭や、クミンなどのスパイシーな臭い、また納豆のような腐敗臭など、独特な臭いがする場合は、すそわきがの可能性があります。

すそわきがと陰部が臭い人の違いは?

ただ陰部が臭う人とすそわきが(すそが)である人の違いは、アポクリン汗腺の数。すそわきがの原因になるアポクリン汗腺が多い女性は、すそわきがになりやすいでしょう。

もともと陰部は尿道があったり、アンダーヘアなどで汗が蒸れやすい環境だったりすることもあり、臭いが発生しやすい場所です。すそわきがでない女性も、不衛生な状態が続くと、臭いがきつくなってしまうこともあります。

すそわきがは治すことができる?

クリニックでは外科治療を用いてすそわきがの治療をします。産婦人科での診断・治療は行っていないことが多いですので、皮膚科で相談してください。とはいえ、臭いの原因は雑菌。菌を増やさないよう、陰部を清潔にケアするだけで、臭いの発生を抑えることができます。

また陰部が蒸れにくくなるよう綿のショーツを履いたり、通気性のいいボトムスを着用したりなど、日常的な工夫と丁寧なケアを重ねることで、改善できることもあるでしょう。

もっと知りたい「すそわきが」について

すそわきがとは?すそわきがの定義とメカニズム

すそわきがの定義

すそわきが(すそが)とは、デリケートゾーンからわきが(腋臭症)特有の臭いが発生する症状のことをいいます。外陰部臭症とも呼ばれます。

わきがの原因となるのがアポクリン腺という汗の出る腺。アポクリン腺は脇とデリケートゾーン以外にも、耳や乳輪にもあり、わきがの方はすそわきがだけでなく、耳のにおいや乳首が臭う「チチガ」にも悩んでいることが多いでしょう。

すそわきがのメカニズム

すそわきがは、アポクリン腺から出た汗に含まれる脂肪酸と、皮膚の表面にいる常在菌が混じりあい、分解されることで臭いが発生します。

アポクリン腺が多いとムダ毛が濃くなる傾向があり、すそわきがの女性もVラインやIラインのアンダーヘアが濃いことがあります。また陰毛が濃いと陰部が蒸れやすくなるので、より臭いが発生しやすくなるでしょう。

また、アポクリン腺が多いとわきがになりやすいと前述しましたが、アポクリン腺の数は遺伝する傾向にあります。両親ともにわきがの場合は高い確率で遺伝する可能性があるでしょう。

すそわきがの特徴とセルフチェックシート

特徴(1)洗ってもにおいがとれない

汗をかきやすい季節はどんな人も臭いが発生しやすくなります。ただ通常は一時的に臭いがきつくなるだけで、外陰部を正しく洗浄して清潔にしていれば、臭いは気になりにくくなります。

しかし、毎日しっかり洗っているのにまったく臭いが改善されない場合は、すそわきがの可能性が高いでしょう。

特徴(2)独特のにおいがする

一方で、すそわきがの方でも、洗うと改善する場合もあります。ただ、臭いが強烈だったり、顔をしかめてしまうような独特な臭いがしたりする場合は、やはりすそわきがと判断した方がいいかもしれません。

特徴(3)下着に汗ジミが付く

アポクリン腺は汗が出る腺(汗腺)なので、多くある場合は、分泌された汗が下着につきやすくなります。

アポクリン腺から出る汗は、黄色く濁っています。下着に黄色いシミがつくことが多ければ、すそわきがかもしれません。

3つの特徴を挙げましたが、それ以外にもチェックするポイントがあります。以下のチェック項目に多く該当するようであれば、すそわきがの可能性が高いでしょう。

ただ、これはあくまで傾向の高い項目による判断基準例です。自己判断が不安な方は、クリニックでしっかり診察してもらうことをおすすめします。

~すそわきがセルフチェックシート~

☑血縁者にわきが、すそわきがの人がいる
☑耳の垢がべっとり湿っている
☑わきや乳首からもにおいを感じる
☑下着に汗ジミが付く
☑清潔にしていてもいつも陰部の臭いが気になる

すそわきがの治療方法

治療法(1)汗腺の働きを弱める治療

すそわきがの原因はアポクリン腺。この働きを弱めることで、臭いの発生を抑える治療があります。メスを使わない方法のため、デリケートゾーンに傷を作りたくないけれど、根本治療をしたい方に向いている治療といえます。

最も手軽に行えるのがボトックス注射です。ボツリヌストキシンという製剤をデリケートゾーンに注射し、アポクリン腺の働きを弱めます。半年程度持続しますが、効果を持続させるためには、定期的に治療を受け続ける必要があります。

レーザー治療や高周波治療(ビューホット)は、どちらもアポクリン腺を破壊する根本治療。レーザー治療は、アポクリン腺組織をレーザー照射によって破壊し、臭いの発生を押さえます。高周波治療もアポクリン腺を熱変性させ、破壊します。両方とも傷などを残すこともなく、数回の治療で根本的に症状を改善させることができます。

治療法(2)手術で汗腺を取り除く治療

デリケートゾーンのアポクリン腺を手術により除去する「外科的治療」もすそわきがの根本治療の一つです。

手術の方法は、皮膚を小さく切開し、特殊な医療機器を用いてアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺を除去する「シェービング法」と、皮膚を数センチ切り、外科手術用はさみを使ってアポクリン腺を目視で除去していく「剪除法(せんじょほう)」があります。シェービング法よりも剪除法の方が手術時間がやや長めです。

手術の場合、確実に原因を除去できるため、臭いが強い方に向いています。ただ、傷が残りやすいことと、麻酔をかけたり体を切ったりしているため痛みもあり、体への負担は大きめです。またダウンタイムも1週間程度と長く、まとまったお休みが必要となるでしょう。価格は30~40万円ほどで、病院で外陰部臭症と診断されていれば、保険適用は可能です。

どの治療を選ぶかは、臭いの度合いや、痛み・傷跡などの体への負担の程度、そしてダウンタイムの長さ、予算によって変わってきます。医師と相談しながら、自分に適した方法を選びましょう。

すそわきがのにおいケアに役立つアイテム

アンダーヘアケアセット

アンダーヘアを整えずにいると、ショーツの中の通気性が悪くなり、蒸れやすくなります。さらにアポクリン腺の分泌物だけでなく、尿、おりものなどが混ざり合い、湿度の高い環境のまま過ごしていると、より臭いがきつくなってしまう可能性もあります。

見た目も感覚的にもすっきりできるので、アンダーヘアは短くカットするのがおすすめです。

すそわきがが気になってエステで脱毛に通うのも抵抗がある…という方は、自宅でのセルフケアをしてみましょう。アンダーヘアの質感をふわふわにするトリートメントや、熱でカットして先端のチクチク感を抑えるヒートカッターなどを使えば、自分でも簡単に清潔感のあるアンダーヘアを作ることができます。

アンダーヘアケア・スターターセット
アンダーヘア処理アイテムの例。画像はアンダーヘアケア・スターターセット(ラブコスメ)
関連記事

藤東クリニックお悩み相談室~VIOについて~  質問者 アンダーヘアが濃いせいか、蒸れや臭いが気になります。VIOを処理した方が良いと聞きますが、本当ですか?どのように処理すればいいのでしょうか。   藤東先生[…]

デリケートゾーンに使えるウェットシート

日中、デリケートゾーンの臭いが気になると、集中力も続かなくなってしまいますし、不快さが募ります。できれば、こまめにデリケートゾーンの分泌物をふき取って、清潔さをキープしたいですよね。

しかし日常的に使うウェットシートは、デリケートゾーンにはちょっぴり刺激的です。アルコールが入ったものは、繊細な皮膚にはご法度。デリケートゾーンにも使える、低刺激のウェットシートを使って、デリケートゾーンの臭いの元をそっとふき取りましょう。

トイレに流せるタイプであれば、トイレで拭いてさっと流せるので、なお便利に使えておすすめです。

ジャムウ・デリケートウェット
デリケートゾーンに使えるウェットシートの例。画像はジャムウ・デリケートウェット(ラブコスメ)

デリケートゾーンに使える石鹸

すそわきがの臭いを日常的にケアするのはとても大切。デリケートゾーンの清潔感を保つためにも、毎日のデリケートゾーンのケアをしましょう。

デリケートゾーンに使えるやさしい石鹸は、低刺激で使いやすいためおすすめです。たっぷり泡立てて、臭いの気になる部分に置いて泡パックをすると、臭いの元が洗い流され、すっきり感を得られるはず。全身に使えるので、脇や乳輪など、他の臭いが気になるところの清潔感もケアするといいでしょう。

ジャムウ・ハーバルソープ
デリケートゾーンのにおいのもとを洗い流せる石鹸の例。画像はジャムウ・ハーバルソープ(ラブコスメ)

ケアしても気になるようであれば、クリニックへ相談を

体臭はエチケットとしてとても気になるところ。すそわきがは、デリケートゾーンという繊細な場所なだけに、より気になりやすいですよね。自分でケアしても改善が難しい、すそわきがかどうかわからないが臭いが気になるという方は、まずはクリニックで医師に診断を仰ぐことで、気持ちも軽くなるかもしれません。その場合、産婦人科での診断・治療は行っていないことが多いですので、皮膚科で相談してみてください。

まずは日常的なケアをしながら不快さを洗い流し、どうしても気になるようであれば治療も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

藤東クリニックお悩み相談室~デリケートゾーンケアについて~   質問者 「デリケートゾーンケア」という言葉を目にするのですが、デリケートゾーンはお手入れするべきなのでしょうか?何から始めれば良いのか分からなくて困っています。  […]

初心者に人気!綺麗で整ったパーフェクトなVIOへ
sponserd by ラブコスメ

※本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を推奨している訳ではございません。

今、おすすめの記事

藤東クリニックお悩み相談~デリケートゾーンの黒ずみ~ 相談者 デリケートゾーンの黒ずみが気になります。特に女性器のIゾーンの部分の肌が黒ずんでいる印象です。市販のクリームなども売っていますが、黒ずみを消すことはできるのでしょう[…]


今、おすすめの記事

藤東クリニックお悩み相談 ~デリケートゾーンのにおいについて~ 質問者 こんにちは。デリケートゾーンのにおいについて質問です。この間お風呂に入る時に下着を脱いだら、デリケートゾーンのにおいが漂ってきて気になりました。最近彼氏ができた[…]

>女性のライフサイクルを応援します

女性のライフサイクルを応援します

産科・婦人科 藤東クリニック
〒735-0029 広島県安芸郡府中町茂陰1丁目1-1
TEL: 082-284-2410
FAX: 082-284-2411
MAIL: MAIL: [email protected]

電話でのお問い合わせご相談は、受付時間内にお願いいたします。
受付時間: 午前 9:00〜午後 17:30(日曜・祝日、休診日を除く)

CTR IMG