Vラインの処理は必要?Vラインの処理方法と注意点

藤東クリニックお悩み相談室~Vライン処理について~

 
質問者
Vラインの毛が、下着からはみ出すのが気になります。どのように処理したら良いのでしょうか?正しい処理方法が知りたいです。
 
藤東先生
今回はVライン処理について解説しましょう!

Vラインの毛は処理するもの?そのままが良い?

医学的な観点で言えば、Vラインの毛を処理する必要は特にありません。しかし、ショーツからはみ出す場合や、毛量が多くショーツの中が蒸れるほどであれば、検討の余地があります。アンダーヘアを処理をすると見た目や蒸れがスッキリし、快適に過ごせるかもしれません。

Vラインのアンダーヘアはどのくらいが普通?濃いのは変?

アンダーヘアの量には個人差があり、普通かどうかという基準はありません。薄くても濃くても「自分が変なのでは…」と心配しなくて良いのです。髪の毛のボリュームが人によって違うように、アンダーヘアの量も人によって異なります。

もっと知りたい「Vラインの処理方法」について

Vラインとは?役割や処理の必要性

Vラインのアンダーヘアの役割

Vラインとは、足の付け根正面側でV字に見える逆三角形の部分を指します。ちょうど下着の境目となる部分です。ショーツを履いてまっすぐ立ったときに、ショーツの前部分でアンダーヘアが隠れる場所をVゾーンと呼びます。

Vラインにアンダーヘアが存在している理由については諸説ありますが、一番は外部刺激による損傷を防ぐことが挙げられます。毛で覆うことで、保湿したり雑菌が腟内に入りにくくなったり、などの役割もあると考えられています。

Vライン・Iライン・Oラインの場所を示すイラスト

Vラインのアンダーヘアが濃いデメリット

Vラインが濃い場合、まず気になるのが見た目の問題です。ショーツからはみ出すほど濃いと、スリムなデザインの下着や水着を着ることに抵抗を感じてしまうでしょう。

衛生的にも気になる部分があります。Vラインのアンダーヘアが濃いとショーツの中が蒸れ、雑菌が繁殖しやすい環境になり、不快な臭いやかゆみが生じる可能性があります。デリケートゾーンは尿や経血が排出される場所ですので、アンダーヘアに汚れが付着することも、ショーツの中が不衛生な環境となる要因の1つです。

Vラインのアンダーヘアを処理するメリット

Vラインのアンダーヘアを処理すると、見た目がスッキリし、はみ出しを気にすることなく様々な下着や水着を着ることができます。

また、Vゾーンの毛のボリュームを減らすことで、デリケートゾーンの蒸れが軽減できます。通気性が良くなり、あせもやかぶれなどの肌トラブルが起こりにくくなるだけでなく、臭いも改善できるでしょう。毛に汚れが付きにくくなれば、生理中でも衛生的に過ごせるようになります。

Vラインの主な処理方法

Vラインの処理方法(1)レーザー脱毛・光脱毛

レーザー脱毛や光脱毛で、VラインやVゾーンのアンダーヘアを脱毛処理することができます。病院やエステサロンで施術を受ける方法と、家庭用の脱毛器を使ってセルフケアをする方法があります。

レーザー脱毛は、皮膚科などのクリニックでの医療脱毛で採用されていることが多いです。高出力レーザーが毛の黒いメラニン色素に作用し、熱で毛根を破壊します。レーザーの出力が大きいため、光脱毛の半分程度の回数で効果を得られますが、痛みが強い点と高額な費用がかかることがデメリットです。

光脱毛は、主にエステサロンで採用されている方法です。フラッシュ脱毛とも呼ばれます。脱毛したい場所に冷却ジェルを塗り、脱毛ライトを当てて処理をする方法です。痛みが少なく、1回あたりの施術時間が短い点が特徴です。一方、レーザーよりも光の出力が弱いために脱毛効果が得にくく、施術回数が多くなる場合があります。

家庭用の脱毛器には、光脱毛とレーザー脱毛の2種類があります。サロンや病院の機械より出力が弱いため、永久脱毛のような効果は望めません。しかし、自宅でコツコツと処理できるのであれば、比較的安価に脱毛することができます。痛みがそれほど強くなく、肌トラブルなども起きにくいため、気軽に始められる方法です。

脱毛によってVゾーンの範囲を狭める処理が可能ですが、全てのアンダーヘアを脱毛し、パイパンまたはハイジニーナと呼ばれる状態を目指す方もいます。完全に毛がない状態にすることで、毛のはみ出しや衛生面などの悩みを解消できます。

Vラインの処理方法(2)剃る・抜く

剃刀やシェーバーを使って剃る、または毛抜きで抜くという方法もあります。

とても手軽な方法ですが、剃刀でVラインの毛を処理すると、深剃りしてしまい肌が荒れる可能性があります。また、処理後の肌にポツポツとした黒い毛の痕が残ってしまいます。さらに、剃刀で処理をすると毛の先端が尖り、伸びてきた際にVラインがチクチクしたり、下着を突き抜けたりしてしまうデメリットがあります。

毛抜きで抜く処理は非常に刺激が強く、肌を傷めやすいです。埋没毛や肌の炎症を引き起こす可能性が高く、肌への負担が大きいため、おすすめできない処理方法です。

もう1つの抜く方法に、サロンや自宅でできる「ブラジリアンワックス」があります。脱毛したい箇所にワックスを塗り、固まったら思い切り剥がします。痛みはありますが、根元から綺麗に抜けるため埋没毛が生じるリスクが低く、一度に広範囲の毛を抜くことが可能です。

Vラインの処理方法(3)カットする

Vラインを自己処理するのであれば、肌を傷める可能性がある「剃る」「抜く」ではなく、「切る」方法がおすすめです。

ハサミで切ると、剃刀と同じように毛の先端が尖ってしまうため、チクチクした違和感やショーツから毛が飛び出すなどのデメリットがあります。アンダーヘアを切る際は、熱で毛を焼き切る「ヒートカッター」での処理がおすすめです。熱で焼き切ると毛の先端が丸くなり、処理後のチクッとする不快感が和らぎます。

毛の先端を丸く焼き切って整えるVライン用ヒートカッター
毛の先端を丸く焼き切って整えるVライン用ヒートカッターの例。画像はVライントリマー(ラブコスメ)

Vラインを処理するときの注意点

Vライン処理の注意点(1)先に予算の検討をする

Vラインの処理をしようと決めたら、まずは予算を明確に決めましょう。特に脱毛処理をするのであれば、完了までの期間と費用を事前に検討する必要があります。

早く処理ができるレーザー脱毛は、高額な費用がかかります。一方、比較的安価な光脱毛などの場合は、完全に終了するまで2年以上かかります。

クリニックやサロンで脱毛処理を始めても、途中で予算が足りなくなれば、中途半端なところで辞めざるを得ません。自身の予算内で、どの方法でどこまで脱毛するのか、しっかりと計画しておきましょう。

Vライン処理の注意点(2)目的に合った方法を選ぶ

「来月海デートで水着を着るため」「来週温泉に行くため」など、すぐにVラインを整えたい場合、クリニックやサロンでの脱毛では間に合いません。ヒートカッターで切るかブラジリアンワックスで抜くなど、自宅ですぐにできる方法がおすすめです。

逆に、特に急いでおらず、少しずつでも確実にVラインの毛を処理したいのであれば、クリニックやサロンなどを利用して、綺麗に脱毛すると良いでしょう。

自身の目的に合わせて、適した処理方法を選ぶことが大切です。

Vライン処理の注意点(3)後悔しないように先のことを考える

医療脱毛は効果が高い分、一度処理をすると元に戻すことができません。「ツルツルにした方が楽かも」と気軽にハイジニーナにしてから、処理後にアンダーヘアがある方が良いと思っても、もう生やすことはできないのです。

どのような形に処理するかも、よく考えて決定する必要があります。後で変えたくても変えられませんので、脱毛する前にどのくらいの範囲をどのような形に処理するか、じっくりと検討しましょう。

そのほかにも!自信の持てるデリケートゾーンのためのケア

Iラインのアンダーヘアの処理

Vラインは正面から見える範囲ですが、Iラインは横になって足を広げた時に見える、小陰唇の横部分のアンダーヘアを指します。デリケートな場所で、視界が悪く手も動かしにくいため、Vライン以上にセルフケアが難しい部分です。

さらに、尿道や腟口付近にあるため、Vラインよりも排泄物や経血が付きやすく、肌トラブルが起こりやすい場所でもあります。アンダーヘアをスッキリさせて、衛生面を清潔に保ちたい部位です。

Vラインと同様にクリニックやサロンで脱毛することも可能ですが、Iライン専用のシェーバーなどを使い、自身で処理することもできます。Iライン用のシェーバーは、ヘッドがコンパクトで刃がガードされており、見えにくくても安全にケアしやすい構造になっています。

安全にI・Oラインを整えられるヒートカッター
安全にI・Oラインを整えられるヒートカッターの例。画像はIラインシェーバー(ラブコスメ)
関連記事

藤東クリニックお悩み相談室~Iライン処理について~  質問者 Iラインのアンダーヘアが、生理の時や夏の蒸れる時期に正直邪魔です。Iゾーンの陰毛は剃っても大丈夫なのでしょうか。   藤東先生 今回はIラインの毛[…]

アンダーヘアの触り心地ケア

Vラインのアンダーヘアは、量だけでなく触り心地もケアしてみましょう。触り心地をケアすることで、下着への突き抜けを軽減し、見た目の印象もスッキリさせることができます。

頭髪と同じように、アンダーヘア用のトリートメントを使用すると、ふわふわと質感の良いアンダーヘアが目指せます。

しなやかな質感にケアするアンダーヘア用トリートメント
しなやかな質感にケアするアンダーヘア用トリートメントの例。画像はシナヤカウォッシュ(ラブコスメ)

デリケートゾーンの黒ずみケア

アンダーヘアの量を減らすと肌の露出が増えるため、肌の黒ずみが目立ちやすくなります。特にVラインは、下着との摩擦により黒ずみが発生しやすい場所です。黒ずみの元となる古い角質を、綺麗に洗い流してケアしましょう。

Vラインの黒ずみケアには、デリケートゾーンにも使える黒ずみケア石鹸がおすすめです。よく泡立てて黒ずみが気になる所に泡を置き、3分程度パックして洗い流すと、黒ずみの元を洗い流すことができます。

Vラインや乳首の黒ずみをケアできる石鹸
Vラインや乳首の黒ずみをケアできる石鹸の例。画像はジャムウ・ハードバブル(ラブコスメ)
関連記事

藤東クリニックお悩み相談~デリケートゾーンの黒ずみ~ 相談者 デリケートゾーンの黒ずみが気になります。特に女性器のIゾーンの部分の肌が黒ずんでいる印象です。市販のクリームなども売っていますが、黒ずみを消すことはできるのでしょう[…]

デリケートゾーンの臭いケア

アンダーヘアを整えることも臭いの軽減に繋がりますが、臭いのケアにはデリケートゾーンを清潔にすることが一番重要です。デリケートゾーン用の石鹸を使用し、毎日清潔にして、臭いの元となる汚れを洗い流しましょう。

デリケートゾーンに塗ってパックする、ジェルタイプのデリケートゾーン集中ケアアイテムもあります。臭いの元やおりものの汚れをすっきりと洗い流すことで、デリケートゾーンを清潔に保つことができます。

付着したおりものや臭いの元を洗い流すジェル
付着したおりものや臭いの元を洗い流すジェルの例。画像はLCジャムウ・デリケートパック(ラブコスメ)
関連記事

藤東クリニックお悩み相談 ~デリケートゾーンのにおいについて~ 質問者 こんにちは。デリケートゾーンのにおいについて質問です。この間お風呂に入る時に下着を脱いだら、デリケートゾーンのにおいが漂ってきて気になりました。最近彼氏ができた[…]

Vラインは、自分に合った正しい処理で快適に

Vラインの処理は必ずしも必要なことではありませんが、デリケートゾーンの衛生面や自身の快適さには効果が期待できます。経済的な負担や手間、時間が必要となるため、いつまでに・どのくらいの予算で・どのように処理したいかを明確にして、正しくケアすることが大切です。

自分に合った正しいVライン処理で、快適なデリケートゾーンを保ちましょう。

関連記事

藤東クリニックお悩み相談室~VIOについて~  質問者 アンダーヘアが濃いせいか、蒸れや臭いが気になります。VIOを処理した方が良いと聞きますが、本当ですか?どのように処理すればいいのでしょうか。   藤東先生[…]

アンダーヘアのボサボサ、モジャモジャ、チクチクをふんわりとしなやかで優しい質感に整える
sponserd by ラブコスメ

※本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を推奨している訳ではございません。

今、おすすめの記事

藤東クリニックお悩み相談~デリケートゾーンの黒ずみ~ 相談者 デリケートゾーンの黒ずみが気になります。特に女性器のIゾーンの部分の肌が黒ずんでいる印象です。市販のクリームなども売っていますが、黒ずみを消すことはできるのでしょう[…]


今、おすすめの記事

藤東クリニックお悩み相談 ~デリケートゾーンのにおいについて~ 質問者 こんにちは。デリケートゾーンのにおいについて質問です。この間お風呂に入る時に下着を脱いだら、デリケートゾーンのにおいが漂ってきて気になりました。最近彼氏ができた[…]

>女性のライフサイクルを応援します

女性のライフサイクルを応援します

産科・婦人科 藤東クリニック
〒735-0029 広島県安芸郡府中町茂陰1丁目1-1
TEL: 082-284-2410
FAX: 082-284-2411
MAIL: MAIL: [email protected]

電話でのお問い合わせご相談は、受付時間内にお願いいたします。
受付時間: 午前 9:00〜午後 17:30(日曜・祝日、休診日を除く)

CTR IMG