出産育児一時金直接支払制度

当院は出産育児一時金直接支払制度を導入しています

直接支払制度により、多額の出産費用を用意しなくて済むようになります

直接支払制度とは、健保組合が直接、出産された医療機関に対して出産育児一時金を支払う制度です。これにより、医療機関等の窓口で支払う出産費用は出産育児一時金を上回った額のみとなり、あらかじめ多額の出産費用を用意しなくて済みます。

なお、直接支払制度を希望しないときや海外出産した場合等は、従来どおり、出産後に出産育児一時金請求書に必要書類を添付のうえ健保組合に申請していただき、健康保険組合から事業所の登録口座を経由して、被保険者へお支払いします。

申請手続きの流れ

出産育児一時金直接支払制度

(例)被保険者が出産した場合

●出産費用が50万円のとき

出産育児一時金(42万円)- 出産費用(50万円)= 不足分(▲8万円)

→不足分を窓口で支払う必要があります。
申請後、健保組合より付加給付3万円が支給されます。

●出産費用が40万円のとき

出産育児一時金(42万円)- 出産費用(40万円)= 差額(2万円)

→申請後、健保組合より差額2万円と付加給付3万円が併せて支給されます。

出産育児一時金の支給額について

出産育児一時金および付加給付は、妊娠4カ月[妊娠第12週(85日)]以上の出産であれば、生産・死産を問わず支給対象となります。

出産育児一時金等 付加給付
被保険者の場合 420,000円 30,000円
家族の場合 420,000円 支給凍結

※ 産科医療補償制度未加入の医療機関で出産した場合は、出産育児一時金が390,000円となります。
※ 被保険者資格喪失後6カ月以内の出産の場合も出産育児一時金は支給されますが、付加給付は支給されません。
※「産科医療補償制度」についてはこちらをご覧ください。

バースプラン

「バースプラン」とは、自分がどういったお産をしたいのか、自分自身の出産についてイメージするために、あらかじめ希望を具体的に書き出して、病院へ提出するものです。

マタニティ教室

当院では妊婦さんを対象に、助産師によるマタニティ教室を開いています。 パートナーの方の参加も大歓迎です。ぜひ、ご参加お待ちしています。

助産外来

助産外来では、素敵なマタニティライフが過ごせるように、またご自分に合ったお産ができるようにお手伝いをさせていただきながら、赤ちゃんの成長を一緒に見守っていきたいと思っております。

母乳外来

藤東クリニックでは、退院後も母乳育児が順調にできるように助産師による母乳外来を開いています。 母乳以外の、産後・育児の相談にも応じます。どうぞお気軽にご利用ください。

アロマテラピー

産科における分娩進行中のアロマテラピーは、精油(植物のエッセンシャルオイル)を用いることで、産婦に対しては①分娩促進効果②リラックス効果③リフレッシュ効果④鎮痛効果、など、さまざまな効果が期待できます。

ハーブティー

当院では、産後のお母さまの疲労を回復しながら、母乳分泌をよくするためにもハーブティ-として、ハーブコーディアルをお出ししています。

イベント

お腹の赤ちゃんとの思い出づくりに、産後のリラックスに。 緑あふれる空気も心地よいスタジオへ、ゼヒたくさん遊びにいらして下さい。 お待ちしております。

入院準備

臨月に入ったら、いつお産が始まってもいいように荷物をひとまとめにしておきましょう。 また、急な入院のときでも家族の人が荷物を持って来られるように、わかりやすい場所に荷物を準備しておきましょう。

出産育児一時金直接支払制度

当院は出産育児一時金直接支払制度を導入しています。 直接支払制度により、多額の出産費用を用意しなくて済むようになります。
©  FUJITO CLINIC All Rights Reserved.
PAGE TOP