バースプラン

バースプランとは???

バースプランとは
「バースプラン」とは、名前の通り「出産-birth-の計画-plan-」です。
自分がどういったお産をしたいのか、自分自身の出産についてイメージするために、あらかじめ希望を具体的に書き出して、病院へ提出するものです。


あくまで、「案」なので、施設によってはできること・できないことがあるため、少しでも本人の理想とするかたちに近づけるように妊娠中から出産や育児のイメージ作りをお手伝いをさせて頂くための企画書なのです。

「あなたはどんな出産がしたいですか?」

出産に対しては人それぞれいろいろな考え方があります。
「自分たち夫婦はどのような出産をしたいのか」ということを考えることが、バースプランの第一歩になります。

  • 当院では、助産師が窓口となり、外来の保健指導で紹介しています。
  • マタニティクラスや助産外来でプラン用紙を説明してお渡しします。
  • また、その妊婦様や旦那様と一緒に考えて具体化していただきます。
  • 後日、産科外来または助産外来で提出していただき、確認と相談を行ないます。
あなたらしい出産をするために「バースプラン」をたててみませんか?

バースプランをたてるメリット

メリット1

バースプランを考えることで出産をイメージすることができます。
つまり、出産を積極的に自分のもの、自分たち夫婦のものとして受け入れることができます。
また、改めて出産に対する考え方を整理することができます。

メリット2

医療スタッフも妊婦さんやそのご家族の出産に対する考え方を理解することができます。

これまでは、医療に管理された「産まされるお産」が広く行われてきました。
現在は、こうしたお産への反省から、妊婦さんが主体となって、自分で産むお産へと大きく流れが変化しています。
(妊婦さんが主体となってするお産では、妊婦さんが受け身であってはなりません!)

産まされるのではなく、自分で産む!!

自分なりにお産についての考えを深めてもらえるよう、母親学級や助産外来などでサポートいたします。

「産もうとする力」・・・「生まれてこようとする力」が大切なんです!!

藤東クリニックのバースプラン

バースプランとは、自分自身の出産についてイメージしていただくために、出産や育児についてあらかじめ希望を伺い、ご自身の理想とするかたちに近づけるようお手伝いをさせて頂くためのプラン作成のことです。
スタッフ一同、心よりお待ちしておりますので、どうぞご遠慮なくご希望をお聞かせ下さい。

1:お産について
□ 自然分娩を希望します □ できるだけ家族や自分の予定に合わせて計画分娩としたい 
□ 無痛分娩を希望します
計画・無痛分娩を希望した理由をお聞かせ下さい:

2:立会い分娩について
□ 分娩時の立会いを希望します どなたが立ち会われますか?(            )
□ 分娩時の立会いを希望しません

3:分娩室・陣痛室での過ごし方(希望される項目を選択ください)
□ 自分の好きな音楽を聞いたりして過ごしたい □ アロマの香りでリラックスしたい
□ 照明はできるだけ暗くして静かに過ごしたい □ 進行状況をなるべく詳しく説明してほしい
☑ 写真・ビデオ撮影 

4:分娩後の赤ちゃんの抱っこについて  
□ 別紙を読んでいただけましたか?( はい いいえ ) 
□ 希望する  □ 希望しない

5:赤ちゃんへの栄養について
当院では、母乳育児を推奨しておりますが母乳分泌や赤ちゃんの体重減少の状況によりミルク補足もしております。
お母さまのご希望をお聞かせ下さい。(例えば、母乳のみで頑張りたいなど)

6:赤ちゃんとの過ごし方
当院ではお産翌日からお母さまの体調を考慮しながらの母子同室をさせていただいております。
お母さまのご希望をお聞かせください。
(例えば、出産直後から母児同室をしたい…。夜間は預けたいなど…)

7:ご希望、不安なこと、質問したいこと、スタッフへ伝えたいこと・・・など、
  ご自由にお聞かせ下さい。

PDFはこちら

赤ちゃんの抱っこについて

当院では、生まれたてすぐの赤ちゃんを胸に抱いて頂き、すぐにセンサーを足に装着した状態でしばらく抱っこして頂いております。

*方法*
生まれてまもない赤ちゃんを、母の素肌に胸と胸を合わせるように抱かせ、その上から暖かい掛物で覆います。 

*効果*
早期に母子接触をすることによって、母乳育児はもちろん赤ちゃんの身体的・精神的なリラックスや、愛着形成を促進したり母の常在菌の移行、低体温の予防など、科学的根拠や有効性が高いたと言われています。
通常は生まれてすぐの赤ちゃんを、30分以上2時間抱っこすることが望まれますが、早期母子接触中の赤ちゃんへの危険性もあるため、心拍数や血液中の酸素を測定するセンサーをつけたまま行って頂く必要があります。
また、赤ちゃんが不安定な状態となったり、お産が重なったりしてスタッフの目が行き届かないと判断した場合は中止し、赤ちゃんをお預かりする場合がありますので、ご了承ください。

PDFはこちら

一般的によくある希望

お産前

  • お産は夫のいる日に計画分娩にしたい
  • なるべく自然陣痛をまちたい
  • ラマーズ法がいい
  • 水中出産がいい
  • ソフロロジー法でお産したい

入院時の処置

  • 点滴はしたくない・浣腸をしたくない
  • 剃毛をしたくない
  • できるだけ家族だけで過ごしたい
  • 内診はできるだけ少なめにしてほしい
  • 進行状況をなるべく詳しく説明して欲しい

陣痛中にしたいこと

  • LDRの部屋がいい
  • 進行具合を、その都度教えて欲しい
  • アロマセラピーをとりいれたい
  • ハーブティを飲みたい
  • 好きなアロマオイルを使いたい
  • アロマバスにはいりたい
  • お産まで、おふろにはいりたい
  • 好きなものを食べたい
  • 好きな音楽を聴きたい
  • 静かにして欲しい
  • なるべく内診をさけたい
  • ずっと、家族と過ごしたい
  • 夫・子供以外は陣痛室にはいってほしくない
  • 助産師にずっとついていてほしい
  • 分娩監視装置をあまりつけたくない
  • 導尿はしたくない
  • 自由にあるきまわりたい
  • 呼吸法をリードして欲しい
  • 陣痛促進剤は絶対つかいたくない
  • 陣痛が微弱になったときはすぐに促進剤を使って欲しい
  • ビデオをとりたい
  • 照明をつけたくない
  • カーテンをしめてほしい
  • 腰痛がひどいので、腰をさすってほしい
  • 無痛分娩を希望する
  • 経膣分娩が無理とわかったらすぐに帝王切開に切り替えて欲しい
  • 薬を使うかもしれないときは、早めに説明して欲しい
  • パートナーの呼吸法・腰のさすり方をおしえてほしい

分娩室にはいってから

  • 呼吸法、いきむ姿勢を教えて欲しい
  • 最初から夫にはいってほしい
  • 上の子供にも入って欲しい
  • 生まれる瞬間だけ夫にはいってほしい
  • 夫には陰部をみせたくない
  • 夫には赤ちゃんが生まれるところすべてみて欲しい
  • 夫が倒れるといけないのでいすを用意して欲しい
  • 会陰切開はしたくない
  • そのとき楽な姿勢でお産したい
  • (側臥位・仰臥位・四つんばい・立ったままなどフリースタイル)

  • 切れそうだったら、会陰裂傷より会陰切開のほうがいい
  • 導尿はしたくない
  • 陣痛促進剤は使用したくない
  • できれば点滴して欲しくない
  • 陣痛が微弱になったときはすぐに促進剤を使って欲しい
  • 人工破膜はしてほしくない
  • 吸引分娩・かんし分娩はなるべくしたくない
  • いきみたくない
  • あかちゃんが産まれる時には、部屋を少し暗くして欲しい
  • 好きな音楽をかけて欲しい
  • 生まれる直前にメガネを掛けさせて欲しい
  • 臍帯血を採取してほしい

出産や育児の対する本人さんの希望はこのように、たくさん・・・あるのです。

しかし、実際にバースプランに書き残すのは、ほんのわずかなこと・・・。

赤ちゃんが生まれた直後

  • 出産のとき夫がビデオ撮影してほしい
  • すぐに性別を教えてほしい
  • 臍の緒がついたまま抱っこしたい
  • へその緒は夫に切ってほしい(夫立会い)
  • へその緒が付いた状態で赤ちゃんの写真を撮りたい
  • 名前を決めているのですぐに、名前を呼んで欲しい
  • 胎盤を見たい
  • 胎盤にさわりたい
  • 胎盤の写真を撮りたい
  • すぐに赤ん坊を抱きおっぱいを含ませたい
  • 夫にもすぐだっこしてもらいたい
  • 赤ちゃんにすぐにおっぱいを吸わせたい
  • 赤ちゃんが生まれたら30分以内におっぱいを吸わせたい
  • 赤ちゃんの沐浴はやめて欲しい
  • 産後家族だけですごしたい
  • 計測も夫に見てもらいたい
  • ビデオ撮影したい
  • 産後しばらくまたはずっと赤ちゃんと過ごしたい
  • はだかのままだっこしたい
  • 生まれたらすぐ、お腹にのせて欲しい(カンガルーケア)

赤ちゃんが生まれれてから・授乳に関して

  • すぐに母児同室をしたい
  • 疲れが取れるまで病院側でみて欲しい
  • 母乳以外は与えたくない・ミルクはあたえたくない
  • 母乳が出るまで糖水のみがいい
  • できるだけ、スタッフに部屋にはいってきてほしくない
  • 時間を決めないで、赤ちゃんが泣くたびに授乳したい
  • 産後2、3時間以内に授乳や搾乳の指導をうけたい
  • できるだけ個室がいい
  • 赤ちゃんと家族がいつで自由に面会させて欲しい
  • 自信を持って退院できるようにいろいろ教えて欲しい
  • 退院指導はいらない。その分休みたい。
  • 赤ちゃんにお風呂を入れる練習をするときは、夫も参加させたい
  • 上の子がいるので早く退院したい
  • 上の子も一緒に入院したい

バースプランは、妊婦自身だけのものではありません。できるだけパパも一緒に考えてもらっています。
またできるだけ希望を叶えたいのであれば、パパの協力がかなり必要となってくることを伝えるようにしています。
そして、立ち会い出産をしたいのであれば、お産の進み方・陣痛の起こり方・呼吸法を一緒に勉強して、ママを自分が誘導するくらいの気持ちを持ってもらえるようすすめています。

バースプランは、お産の方法や処置の具体的な希望、その他、陣痛と陣痛の間はこうして過ごしたい、などというイメージも大いに盛り込んでいくものなので、このプラン作成を提案する以上、私たちは妊婦さんの切なる思いをできるだけ可能にして、大切にしてあげる気持ちを持たなくてはならないと考えています。

平成23年2月5日 藤東クリニック勉強会より
担当:藤東クリニック助産師 山本沙織

PDFはこちら

バースプラン

バースプラン

「バースプラン」とは、自分がどういったお産をしたいのか、自分自身の出産についてイメージするために、あらかじめ希望を具体的に書き出して、病院へ提出するものです。

マタニティ教室

当院では妊婦さんを対象に、助産師によるマタニティ教室を開いています。 パートナーの方の参加も大歓迎です。ぜひ、ご参加お待ちしています。

助産外来

助産外来では、素敵なマタニティライフが過ごせるように、またご自分に合ったお産ができるようにお手伝いをさせていただきながら、赤ちゃんの成長を一緒に見守っていきたいと思っております。

母乳外来

藤東クリニックでは、退院後も母乳育児が順調にできるように助産師による母乳外来を開いています。 母乳以外の、産後・育児の相談にも応じます。どうぞお気軽にご利用ください。

アロマテラピー

産科における分娩進行中のアロマテラピーは、精油(植物のエッセンシャルオイル)を用いることで、産婦に対しては①分娩促進効果②リラックス効果③リフレッシュ効果④鎮痛効果、など、さまざまな効果が期待できます。

ハーブティー

当院では、産後のお母さまの疲労を回復しながら、母乳分泌をよくするためにもハーブティ-として、ハーブコーディアルをお出ししています。

イベント

お腹の赤ちゃんとの思い出づくりに、産後のリラックスに。 緑あふれる空気も心地よいスタジオへ、ゼヒたくさん遊びにいらして下さい。 お待ちしております。

入院準備

臨月に入ったら、いつお産が始まってもいいように荷物をひとまとめにしておきましょう。 また、急な入院のときでも家族の人が荷物を持って来られるように、わかりやすい場所に荷物を準備しておきましょう。

出産育児一時金直接支払制度

当院は出産育児一時金直接支払制度を導入しています。 直接支払制度により、多額の出産費用を用意しなくて済むようになります。
©  FUJITO CLINIC All Rights Reserved.
PAGE TOP