無痛分娩

無痛分娩(硬膜外麻酔分娩)

無痛分娩
当院では妊婦さんの痛みや不安をとりのぞくため、安全な硬膜外麻酔法による無痛分娩を行っています。

胎内の赤ちゃんに影響がなく、分娩時間が短縮でき、現在の無痛分娩では一番安全で楽なお産です。

無痛分娩といっても、薬により痛みや全ての感覚が無くなってしまうわけではありません。


主として痛みを和らげる方法ですので,多くの場合、ある程度触っている感覚や圧迫感は残ります。

無痛分娩のメリット

硬膜外麻酔とは、背骨のなかにある硬膜外腔という部位に麻酔薬を注入して、無痛を獲得する方法です。

通常、細い管を硬膜外腔に留置しこの管を通して麻酔薬を注入することにより比較的長時間にわたって無痛効果を得られます。

理想的な無痛分娩は通常のお産に比べて胎児への負担が少なくなります。

陣痛・分娩への過剰な不安や強い痛みは、産婦様の血管を収縮させ、子宮や胎盤に流れる血液量を低下させるので、胎児に供給される酸素量を減少させる可能性があります。無痛分娩ではこの悪影響を解除できるので、難産などで母児ともに衰弱した場合などでは、産婦様を疲労・苦痛から解放するばかりでなく胎児の負担も軽減します。

骨盤の筋肉や膣の出口が柔軟になり胎児への抵抗が少なくなり胎児への負担が軽減します。このため産道が硬くて難産となっている方では、うまくすれば分娩が可能になります。

また、痛みが少ないために血圧の上昇が少なくてすみます。これによって妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)や呼吸循環器系合併症がある妊婦様でも経膣分娩が可能となる場合があります。

さらに分娩時の異常な高血圧によるアクシデントを予防することもできます。

無痛分娩のデメリット

無痛分娩は米仏などでは盛んに行われている方法ですが副作用が全く無いわけではありません。

その多くは手術の麻酔と同じ副作用で、終わった後に頭痛があったり、麻酔をしたときに血圧が変動して気持ち悪くなったり、分娩時の出血の増加があります。

無痛にしたが故、知覚神経以外に運動神経も麻酔が効き、陣痛が弱くなり(微弱陣痛)吸引分娩や鉗子分娩となる場合があります。

無痛分娩といっても完全に無痛ではありません。ある程度陣痛が強くなるまで自然の陣痛を経験していただきます。
非常にまれですが、麻酔の効かない人がいます。

計画入院の予定より前に、夜間や休日に陣痛が自然が始ってしまった場合、安全性の面で無痛分娩の対応ができないことがあります。

無痛分娩の流れ

経産婦様の場合

  • 計画無痛分娩となります。
  • 産科担当医と相談して入院日を決めます。通常、分娩予定日の1週間〜2週間前を目安に入院していただきます。
  • 入院当日は内診の後、必要に応じて前処置(メトロ挿入)を行います。
  • 胎児・母体の状態を確認し、問題がなければ、硬膜外麻酔の管を留置し、点滴から陣痛促進剤を開始します。
  • 規則的に陣痛がつき、子宮口が5cmぐらい開いてから麻酔を行います。
  • 夜間や休日に陣痛が自然に始ってしまった場合、安全性の面で無痛分娩の対応ができないことがあります。

初産婦様の場合

  • 自然陣発(破水)での無痛分娩となります。
  • 陣痛が始まったら(破水したら)当院に連絡をして、指示に従って入院してください。
  • 規則的に陣痛がつき、子宮口が5cmぐらい開いたら、硬膜外麻酔を行います。
  • 陣痛が弱い場合や有効でない場合は、点滴から陣痛促進剤を開始します。
  • 夜間や休日に陣痛が始ってしまった場合、安全性の面で無痛分娩の対応ができないことがあります。

無痛分娩料:50,000円

無痛分娩

産科のご案内

出産の基本方針は自然分娩です。 経験豊かなスタッフによる、安心、快適なマタニティライフを提供します。

妊娠初期検査

血液検査で、妊婦さん自身の病気や隠れている心配な体質がわかることがあります。その病気や体質がわかれば、薬などで事前に治療したり、いざというときのトラブルに対処することも可能です。

妊娠中の歯科治療

妊娠期は、むし歯をはじめ口腔内にトラブルを起こしやすい時期です。歯周病菌・菌産生の炎症物質は、早産・低体重児出産の危険リスクとなり、むし歯菌は母子感染により生まれてくるお子さんのむし歯罹患リスクを高めることとなります。

無痛分娩

当院では妊婦さんの痛みや不安をとりのぞくため、安全な硬膜外麻酔法による無痛分娩を行っています。 胎内の赤ちゃんに影響がなく、分娩時間が短縮でき、現在の無痛分娩では一番安全で楽なお産です。

クアトロテスト

母体血清マーカー検査は、胎児異常の早期診断を目的に、妊娠前半期に行われる出生前検査の1つです。

妊娠中のトラブル

妊娠中に起こりうるトラブルについて、詳しく解説します。