子宮鏡手術

子宮鏡手術子宮の内側は体の外から直接到達することができます。
子宮鏡手術は、子宮用の細い内視鏡(子宮鏡)を子宮の入り口から挿入して、子宮内の様子をモニターで観ながら病変を電気メスで切開・切除します。
腹部の傷が無く、体への負担が少ない手術となります。

どのような疾患に適応となるのか

  • 子宮筋腫(とくに子宮粘膜下筋腫)
  • 子宮内膜ポリープ
  • 子宮奇形(中隔子宮など)
  • 子宮腔癒着症など子宮内の病変が疑われる場合

子宮鏡手術の実際

  1. 前処置として頸管操作により子宮頸管を広げます(省略することもあります)
  2. 全身麻酔、硬膜外麻酔または静脈麻酔を行います
  3. 子宮内腔に還流液を注入して子宮内腔を広げ子宮鏡を挿入します
  4. 子宮内腔を観察し、病変部分を確認します
  5. 病変部分を切除、切開、止血などの操作を行います
  6. 通常手術は20〜30分で終了しますが、1時間以上かかる場合もあります

合併症

  1. 出血:子宮筋腫や病変部を切除した際、出血が止まりにくいことがあります。一般に子宮は自然に収縮して止血されることが多いのですが、出血多量の場合には輸血を行うことや開腹手術に切り替えて子宮摘出が必要となることがあります。
  2. 子宮穿孔:子宮壁が薄くなっている場合や筋腫などの病変を切除する際、子宮壁に穴があくこと(子宮穿孔)が起きることがあります。損傷の程度によって腹腔鏡手術や開腹手術が必要となる場合があります。
  3. 水中毒:子宮鏡では子宮内腔に糖液を注入して行います。血液中に大量の糖液が吸収されると、血液中の塩分が薄まって水中毒という状態になることがあります。極端な場合は脳細胞に水が入り脳浮腫という重篤な病態になります。手術中でも血圧低下などの本症が疑われる場合には、手術を中断することがあります。
  4. 感染:術後子宮内感染や附属器炎を起こすことがあります。予防のために手術中から抗生物質の投与を行います。
  5. 血栓症:長時間同じ姿勢でいることにより、血管内に凝血ができることがあります。これが肺の血管にまで流れ込んでしまうと肺塞栓症という重篤な合併症になります。術中はポンプ式のマッサージ器を使用し、また弾性ストッキングを着用していただき血栓を予防しますが、術後の早期離床もこころがけてください。

当院での子宮筋腫に対する手術 (2010年6月〜2017年12月)

当院での子宮筋腫に対する手術

【All About 子宮の病気】

  • 子宮筋腫は不妊の原因? 妊娠継続は可能?
    子宮筋腫は不妊の原因になります。子宮筋腫の症状が軽くても、他に不妊の原因が見当たらないのに妊娠しない場合は、子宮筋腫が原因になっていると考えて手術を検討します。子宮筋腫がある状態での妊娠の可否も含め、症状、治療法、手術方法について解説します。

  • 子宮内膜ポリープとは
    子宮内膜ポリープは、自覚症状が無いことがほとんどですが、不妊の原因になります。治療は、子宮鏡下に簡単に行うことができます。原因不明の不妊で悩んでいる場合には、子宮内膜ポリープの可能性を疑って、早めに検査を受けたほうがいいでしょう。

【広島ドクターズ】

  • 経過観察でいいの? 子宮筋腫の正しい知識を知りましょう。
    子宮筋腫が原因で月経痛や貧血で苦しんでいる人もいれば、症状がほとんどなく「経過観察」と言われてそのままの人も・・・。
    子宮筋腫は、婦人科系の疾患の中でも頻度が高く、誰にでもかかるありふれた病気ですが、どんな時に治療が必要になるのか、知らない方も多いようです。

子宮鏡手術

婦人科のご案内

婦人科全般において診療いたします。 特に内視鏡手術、婦人科早期がんの診断・治療、性器脱TVM手術に力を入れております。

内視鏡手術

卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術に熟練した医師が手術を行ないますのでご安心ください。

不妊症

一般不妊治療(タイミング療法〜授精までの治療)を行なっています。 排卵誘発を行わない自然周期による治療、適切な排卵誘発剤を用いた排卵誘発周期による治療などがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部の粘膜上皮(表面の細胞)に「がん」ができる女性特有の病気です。女性に起こるがんとしては世界的に、乳がんに次いで発症率、死亡率ともに第2位です。

子宮脱・性器脱

高齢化社会に突入し、50代から70代にかけての女性に増えているのが、子宮脱(性器脱)と尿失禁です。

婦人科の病気

忙しくてついつい見逃してしまうことの多い「婦人科の病気」。女性が社会に進出したり、また妊娠・出産回数が減ったりすることによって女性特有の病気の内訳もだんだん変わってきているのです。
©  FUJITO CLINIC All Rights Reserved.
PAGE TOP