子宮脱・性器脱

子宮脱とは

子宮脱高齢化社会に突入し、50代から70代にかけての女性に増えているのが、子宮脱(性器脱)と尿失禁です。

前者については、聞いたことがない方も多いと思いますが、実は50%以上の方に起こるといわれている非常にポピュラーな病気です。

子宮脱とはその名の通り、子宮が腟の入り口から脱出してくるもので、最初のうちはほとんど無症状です。


子宮を支える靱帯や筋肉がゆるむことによって子宮や腟が下垂し、腟口から子宮全体あるいはその一部が腟壁とともに脱出してくる病気です。多くは子宮とともに膀胱,直腸の脱垂(膀胱瘤,直腸瘤)を伴います。

子宮脱の程度により、子宮下垂(子宮脱1度)、部分子宮脱(子宮脱2度〜3度)、完全子宮脱(子宮脱4度)というよび方をします。

子宮脱

子宮脱はどうして起こるのでしょうか?

難産や加齢・体質・便秘や肥満・立ち仕事・介護などでいきむことが多い生活習慣により、子宮を支える靱帯や筋肉がゆるむと起こります。

性器脱とは

子宮の前(恥骨寄り)には膀胱が、後ろ(肛門寄り)には直腸がありますので、子宮と共に膀胱や直腸も下がってくることが多く、それら全てをまとめて性器脱といわれることが多くなってきました。

症状は下がってくる臓器によって様々です。子宮だけであれば異物感・違和感、下着などに擦れてびらんや出血を起こしやすくなります。
下垂・脱出により、とくに歩行時に不快感や違和感が生じます。
脱出した腟粘膜が傷つくことにより、出血したり分泌物が増えたりします。
膀胱が下がってくれば、頻尿・残尿感・尿失禁・尿閉を、直腸であれば頑固な便秘を引き起こします。
排便時に力むと下垂・脱出がひどくなります。

また、夫婦生活の障害にもなり、性器脱は命に関わることは少ないですが、QOL(生活の質)を著しく低下させる病気として、注目されつつあります。

子宮脱

尿漏れ

女性の排尿障害で多いのは走ったり笑ったりすると尿が漏れる腹圧性尿失禁とおしっこが間に合わない切迫性尿失禁です。

治療法

再発がより少ない手術方法として2000年フランスで考案されたのが、メッシュ手術(TVM手術)です。当院でもこの手術方法を2008年から導入しました。