子宮頸がん

子宮頸がん

子宮頸がんとは

子宮頸がんとは子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部の粘膜上皮(表面の細胞)に「がん」ができる女性特有の病気です。女性に起こるがんとしては世界的に、乳がんに次いで発症率、死亡率ともに第2位です。
現在、日本では年間約12,000人が子宮頸がんを発症し、約3,500人が死亡しています。死亡に至らない場合でも、子宮全体の摘出により妊娠や出産ができなくなることもあります。


子宮頸がんの患者さんは、20歳代後半~40歳代後半と若い世代に多いがんです。
早期に発見すれば治癒しやすいことから、早期発見が大変重要といえます。

子宮頸がん年齢別罹患者数グラフ(2008年)
子宮頸がん年齢別罹患者数グラフ(2008年)
地域がん登録全国推計によるがん罹患データ2008,がん情報サービスセンター

子宮に発生するがんには、ほかに子宮の奥の子宮体部と呼ばれる部分に発生する「子宮体がん」があります。子宮体がんは50~60歳を中心とする中高年の女性に多くみられ、女性ホルモンの異常が原因と考えられています。

子宮頸がんは、ヒトパピローマウィルス(HPV)と発がんとの関係が明らかになり、細胞診断によって細胞にみられる異常だけでなく、原因となるHPVを調べることが管理上非常に重要であると認識されました。当院でもHPVの検査を重点におき、液状検体による細胞診断を行っています。

子宮頸がん0期(上皮内がん)では、頸部の表面を切除する円錐切除法で治療できます。
当院では高周波を用いたLEEP装置を用いて、日帰り手術を行っています。

藤東クリニックでの円錐切除手術件数

詳しくはこちら

子宮腟部びらん

一般的に子宮腟部びらんという場合は、子宮頸部の粘膜部分が子宮口より外側にまで延びているため、その部分が肉眼的にはびらんのように赤く見えるので子宮腟部びらんと称しているにすぎません(偽びらんともいいます)。

子宮頸がん検診

20歳から子宮頸がん検診が必要です。 子宮頸がん検診としてまず実施されるのは、子宮頸部細胞診です。妊娠中でも子宮頸がん検診は安全、簡単に行えます。

細胞診

子宮頸がんで行う擦過細胞診は、子宮頸部から綿棒、ブラシ、へらなど、専用の器具で子宮頸部粘膜を少しこすり、その中に異型細胞があるか、あるとしたら悪性の可能性があるかを顕微鏡で調べるものです。

コルポスコープ

コルポスコープという拡大鏡で子宮頸部を観察する検査です。細胞診で精密検査が必要であるという結果が出ると、コルポ診は必須となります。

HPV

子宮頸がんは、発がん性のヒトパピローマウィルスの持続的な感染が原因となって発症します。HPVは、1940年代にヒトの皮膚から発見され、現在までに100種類以上が確認されています。

円錐切除

前がん病変(がんの一歩手前)や初期のがんで見つかったら、子宮の入り口(子宮頸部)の一部を切除するだけで、子宮のほとんどを残すことができ、妊娠・出産も可能です。