婦人科の病気

婦人科の病気

忙しくてついつい見逃してしまうことの多い「女性の病気」。女性が社会に進出したり、また妊娠・出産回数が減ったりすることによって女性特有の病気の内訳もだんだん変わってきているのです。
30歳をすぎたら体のメンテナンスに気を使いましょう。「婦人科の病気」について詳しく解説します。

卵巣腫瘍

卵巣腫瘍は小さいうちは症状が出ませんが、握りこぶし以上に大きくなると下腹部にしこりをふれたり、下腹部の張った感じや下腹部痛を覚えます。

子宮内膜症

子宮内膜によく似た組織が子宮以外の部位にできます。卵巣、卵管、子宮と直腸の間のすき間であるダグラス窩など、いろいろなところにできますが、女性ホルモンに反応して増殖し、月経のような出血を起こします。

子宮筋腫

子宮筋腫は、ありふれた病気なので心配することはありませんが、女性ホルモンが分泌されている間(閉経以前)は増大する可能性があります。

子宮腺筋症

子宮を構成する筋肉になんらかの原因で子宮内膜(月経時に出血する部分)が入り込むことで、子宮が腫大してしまう病気です。

更年期障害

更年期というのは卵巣の老化によって起こる女性ホルモンの急激な減少による様々な症状のことをいいます。

月経前症候群

PMSとは Premenstrual Syndromeの略で、月経の3〜10日前に身体や心の調子が悪くなり、月経の始まりとともに自然に軽快するいろいろな症状の集まりのことをいいます。

炎症

婦人科の炎症、子宮頸管炎、卵管炎、外陰腟炎などについて解説します。

骨粗鬆症

骨粗鬆症は、骨の中のカルシウムが減少することをいい、いわゆる「骨がもろくなって骨折を起こしやすい状態」になることをいいます。