骨折リスク評価

骨折リスク評価

FRAX®計算ツールはこちら

WHO骨折リスク評価ツール

このFRAX®は患者さんの骨折リスクを評価するために、WHOが開発したツールです。これは個々の患者さんをベースにしており、臨床上の危険因子ならびに大腿骨頸部の骨密度(BMD)を組み合わせてリスクを計算しています。

このFRAX®のモデルは、ヨーロッパ、北米、アジア、オーストラリアでの人口に基づくコホート研究から開発されました。このサイトで利用できるFRAX®は最も高機能なものでコンピューター処理されます。 危険因子の数に基づいてリスクを評価する簡単なペーパー バージョンのツールもあり、ダウンロード可能です。

FRAX®のアルゴリズムは、10年以内の骨折発生リスクを算出します。 10年以内の大腿骨近位部骨折の発生リスクと10年以内の主な骨粗鬆症骨折(脊椎、前腕、股関節部あるいは肩部の臨床的な骨折)の発生リスクが出力されます。

骨折リスク評価

出産予定日計算

最終月経日と月経周期から、出産予定日と現在の妊娠週数を計算します。

妊娠週数計算

出産予定日から妊娠週数を計算します。

妊娠中の体重増加

身長と体重から、BMI、肥満度と、妊娠中の体重増加の目安を計算します。

妊娠リスク自己評価

この妊娠リスクスコアは「厚生労働科学研究費補助金医療技術評価総合研究事業、”産科領域における安全対策に関する研究”、2004年」に基づきます。

簡易更年期指数

簡略更年期指数とは、更年期症状の有無や程度を把握する指数です。

過活動膀胱

過活動膀胱とは、尿意切迫感(急におこる強い尿意で、トイレを我慢しがたい感じ)を主な症状とし、頻尿(通常は夜間頻尿)、場合によっては切迫性尿失禁を伴う症状症候群です。

うつ病スクリーニング

SRQ-Dは仮面うつ病発見の手がかりを得る方法の一つとして考案された質問紙法によるスクリーニングテストです。

骨折リスク評価

このFRAX®は患者さんの骨折リスクを評価するために、WHOが開発したツールです。

iOSアプリ

藤東クリニックが開発した、iPhone/iPod touch/iPad アプリを公開しています。