お知らせ

当院では妊婦健診時に子宮底長、腹囲の測定は行わないこととなりましたのでお知らせします。

子宮底長は超音波検査で代用可能であり、腹囲は測定の有用性が認めがたいという見解が日本産婦人科学会から出されています。当院では、産婦人科診療ガイドライン(以下抜粋)の明示に従い、測定を省略することとしました。

子宮底長、腹囲の測定を行わないことで母児の安全性には影響しませんのでご安心ください。ご不明な点がありましたら健診時にお尋ねください。

産婦人科診療ガイドライン-産科編2017
CQ001 特にリスクのない単胎妊婦の定期健康診査の解説より(3頁)
定期健診では毎回、体重・子宮底長・血圧の測定、尿化学検査(糖、蛋白)、児心拍確認、浮腫の評価を行う。ただし、超音波検査を実施した場合、子宮底長測定は省略できる。腹囲測定の有用性に関しては不明なので省略可能である。

産科のご案内

出産の基本方針は自然分娩です。 経験豊かなスタッフによる、安心、快適なマタニティライフを提供します。

妊娠中の歯科治療

妊娠期は、むし歯をはじめ口腔内にトラブルを起こしやすい時期です。歯周病菌・菌産生の炎症物質は、早産・低体重児出産の危険リスクとなり、むし歯菌は母子感染により生まれてくるお子さんのむし歯罹患リスクを高めることとなります。

無痛分娩

当院では妊婦さんの痛みや不安をとりのぞくため、安全な硬膜外麻酔法による無痛分娩を行っています。 胎内の赤ちゃんに影響がなく、分娩時間が短縮でき、現在の無痛分娩では一番安全で楽なお産です。

クアトロテスト

母体血清マーカー検査は、胎児異常の早期診断を目的に、妊娠前半期に行われる出生前検査の1つです。

妊娠中のトラブル

妊娠中に起こりうるトラブルについて、詳しく解説します。