お知らせ

こそだてハック

排卵検査薬で妊娠検査ができるって本当?妊娠反応がでるの?

「排卵検査薬で妊娠検査ができる」という話、聞いたことありませんか?本来、妊娠を望む女性が、排卵日を特定しやすくするために使用する「排卵検査薬」ですが、妊娠反応も確認できるのでしょうか。今回は、排卵検査薬で妊娠検査をすることができるのか、妊娠検査薬との違いは何かなどについてご説明します。

産後は車の運転をいつからしてもいいの?注意点は?

産後に退院したあと、赤ちゃんのお世話に専念したいと思っていても、なかなか難しいもの。周囲に気軽に頼れる人がいなかったり、病院や駅が自宅から遠かったりすると、産後すぐでも車に乗りたいと思いますよね。しかし、産後は思っているよりも体はダメージを受けています。そこで今回は、産後の車の運転はいつからしていいのか、怖い思いをしないための注意点などをご紹介します。

妊婦の胃腸炎!原因と症状、治療法は?妊娠中に薬は飲める?

妊娠中に胃腸炎にかかると、「赤ちゃんに影響は?」「薬は飲めるの?」と気になりますよね。実は、妊娠すると免疫力が低下し、胃腸炎にかかりやすいといわれています。そこで今回は、妊娠中に胃腸炎にかかったときの症状や原因、妊娠中に胃腸炎の薬は飲めるのかについてご説明します。

低温期が長い原因は?妊娠への影響はあるの?改善方法は?

妊娠を希望している女性なら、基礎体温をつけている人も多いでしょう。毎日欠かさずにチェックしていると、高温期と低温期のサイクルを把握できるようになるので、一般的な基礎体温のグラフと自分のグラフにズレがあると気になりますよね。そこで今回は、低温期が長い場合の原因と妊娠への影響、改善方法についてご説明します。

産後の関節痛の原因は?いつまで続く?リウマチなの?対処法はある?

出産前は関節痛など全くなかったのに、育児を始めてから膝や足首、肩などの関節痛に悩むママは、意外と多いようです。関節痛がひどいと、育児が辛くなってしまいますよね。そこで今回は、産後の関節痛の原因とリウマチとの違い、対処法についてご紹介します。

閉経後も妊娠する可能性はあるの?避妊は必要?

閉経を「生理が来なくなり、妊娠する可能性がなくなること」と思っている人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、閉経とはどういう状態のことなのか、閉経すると妊娠する可能性はなくなるのか、避妊は必要ないのかどうかについてご説明します。

双子の妊娠検査薬の反応に特徴?陰性のこともある?

妊娠を希望していて、妊娠検査薬で陽性反応が出るとうれしいですよね。じつは、市販の妊娠検査薬では陰性の反応だったのに、産婦人科を受診したところ妊娠が判明、それも双子だったという人もいるようです。そこで今回は、双子を妊娠した場合の妊娠検査薬の反応の特徴についてご説明します。

基礎体温表を活用しよう!正しい見方や付け方は?

妊娠を希望している女性の多くが、基礎体温を測っているといわれています。基礎体温を正しく測ることはもちろんですが、基礎体温の変化がわかるように「基礎体温表」に記入して排卵日を予測することが、妊娠するためには大切です。そこで今回は、基礎体温表や見方、どんな基礎体温表があるのかについてご説明します。

更年期に微熱が続く理由は?体温調節ができないの?対処法は?

40代以降の女性で微熱が続くと「何かの病気かしら?」「風邪が長引いているの?」など、いろいろ不安になってしまいますよね。その微熱、もしかしたら更年期障害の症状かもしれません。そこで今回は、更年期に微熱が続く理由と体温調節機能の変化、そして対処法についてご説明します。

プレ更年期とは?対策は必要?セルフチェックできる?

30〜40代の女性で「最近、なんだか体調がすぐれない…。もしかして、もう更年期障害?」と思っている人もいるのではないでしょうか?その症状「プレ更年期」と呼ばれるものかもしれません。そこで今回は、プレ更年期の症状と対策についてご説明します。

更年期に不正出血が起きる原因と対策は?鮮血は少量でも病院へ行く?

更年期に差し掛かると、月経周期が乱れ始めることはよく知られています。それでも、生理ではないタイミングで性器から出血があると、驚いてしまいますよね。そこで今回は、更年期に不正出血が起きる原因と対策、鮮血が出る理由や病院に行く目安についてご説明します。

更年期に高血圧になる原因と症状は?治療は何科でできる?

更年期の女性で、健康診断や人間ドックで血圧を測定したら高血圧で驚いたという人もいるのではないでしょうか?更年期の女性は高血圧になりやすく、また、それに伴って動脈硬化などを引き起こす可能性もあります。そこで今回は、更年期に高血圧になる原因や、症状が出るのかどうか、治療は何科でするのかについてご説明します。

おりもので排卵日がわかる?排卵前は量が多い?粘り気もあるの?

「おりもの」は、下着が汚れる、においが気になるなど、あまりいいイメージを持っていない人もいるかもしれません。しかし、おりものの変化を見ることで排卵日をある程度予測することができるため、妊娠したい女性にとっては見逃せない体のサインでもあります。今回は、排卵日前後のおりものの特徴や、チェックの方法についてご説明します。

内視鏡手術

卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術に熟練した医師が手術を行ないますのでご安心ください。

不妊症

一般不妊治療(タイミング療法〜授精までの治療)を行なっています。 排卵誘発を行わない自然周期による治療、適切な排卵誘発剤を用いた排卵誘発周期による治療などがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部の粘膜上皮(表面の細胞)に「がん」ができる女性特有の病気です。女性に起こるがんとしては世界的に、乳がんに次いで発症率、死亡率ともに第2位です。

婦人科の病気

忙しくてついつい見逃してしまうことの多い「婦人科の病気」。女性が社会に進出したり、また妊娠・出産回数が減ったりすることによって女性特有の病気の内訳もだんだん変わってきているのです。