お知らせ

mamanoko

化学流産とは?原因や症状、生理との違いは?腹痛や出血、基礎体温の変化はあるの?

化学流産(生化学的妊娠)とは、妊娠検査薬で陽性が出たのに、その後の超音波検査で胎嚢が確認できず、妊娠が成立しなかったことをいいます。生理のような出血がある以外は、自覚症状がないのが特徴です。ここでは化学流産の原因や症状、化学流産後は妊娠しやすいかについても解説していきます。

化学流産後は妊娠しやすい?生理がすぐにこない場合は?排卵のタイミング、妊娠率、妊娠検査薬の反応について

化学流産とは、妊娠検査薬では陽性反応が出ているのに、超音波検査で胎嚢が確認できなかった状態を指します。化学流産後は生理のような出血が見られることが多いですが、特別な処置は必要ありません。妊活は、排卵が起こればすぐにトライすることが可能です。ここでは化学流産後の妊娠率や生理・排卵のタイミングを解説していきます。

神経管閉鎖障害は葉酸で予防?エコーでわかる?原因・症状・確率・治療法についても解説

妊娠初期に起こる「神経管閉鎖障害」は、発生頻度は決して高くありませんが、 胎児に重大な影響をおよぼす病気のひとつです。原因や症状について気になる妊婦さんも少なくないでしょう。発症リスクを下げる予防法はあるのでしょうか。ここでは、神経管閉鎖障害の診断方法や、原因、症状、確率、治療法、葉酸摂取との関連性について解説します。

ふたり目の子作りはいつから?いつ、どこでする?第2子妊活のタイミングや計算方法、場所

妊娠・出産は大変だったけれど、赤ちゃんを産んでしばらくすると、ふたり目が欲しいと考え始める夫婦もいることでしょう。ここでは、産後に子作りを始められる時期や、上の子との年齢差の計算方法を解説します。また、ふたり目の子作りをいつ、どこでするのか、体験談を交えてご紹介します。

妊娠初期に温泉に入れる?気をつけることは?サウナや岩盤浴は?

妊娠中の温泉利用が解禁され、妊娠初期から温泉入浴を楽しむことができるようになりました。妊娠初期は心身ともに不安定になりやすく、温泉によるリラックス効果を期待したいものですが、温泉の利用は本当に妊娠に影響しないのでしょうか。温泉を利用する際に気をつけたいポイントや、安心して利用できる温泉施設の選び方について解説します。

妊婦がカフェイン摂りすぎNGの理由は?1日あたりの摂取量や赤ちゃんへの影響について

妊娠中、カフェインを摂りすぎないように注意しているママは多いかもしれません。なぜカフェインを摂取しすぎると、妊婦さんにとって良くないのでしょうか。ここでは妊娠中のカフェイン摂取による赤ちゃんへの影響や、過剰摂取にならないようにするコツ、一日に摂取しても問題ないカフェイン量について解説していきます。

妊娠中に飲むのはどんなお茶が良い?おすすめのお茶と注意点

普段何気なく飲んでいるお茶。カフェイン以外にも、妊娠中に注意しなければならない成分はあるのでしょうか。妊娠後期に気付いて後悔しないためにも、妊娠中に安心して飲めるお茶についてご紹介します。

妊娠中に飲んではいけないハーブティーは?流産の危険性も?おすすめも紹介

妊娠中、ノンカフェインのハーブティーを飲んでいるママも多いと思います。特にハーブティーは種類が豊富で、選ぶのも楽しいですよね。しかし、ハーブによっては流産の危険性があるものや、妊娠中に飲んではいけないものもあります。ここでは、妊娠中のハーブティーについて、医師監修の記事でご紹介します。

内視鏡手術

卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術に熟練した医師が手術を行ないますのでご安心ください。

不妊症

一般不妊治療(タイミング療法〜授精までの治療)を行なっています。 排卵誘発を行わない自然周期による治療、適切な排卵誘発剤を用いた排卵誘発周期による治療などがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部の粘膜上皮(表面の細胞)に「がん」ができる女性特有の病気です。女性に起こるがんとしては世界的に、乳がんに次いで発症率、死亡率ともに第2位です。

婦人科の病気

忙しくてついつい見逃してしまうことの多い「婦人科の病気」。女性が社会に進出したり、また妊娠・出産回数が減ったりすることによって女性特有の病気の内訳もだんだん変わってきているのです。