お知らせ

mamanoko

生理が長い・終わらない原因と対策!過長月経は8日以上から?鮮血が出る場合は不正出血の可能性も

「過長月経」は月経異常のひとつで、月経持続日数が通常3~7日のところ8日以上となる状態をさします。体質的なもので治療が不要な場合もありますが、ホルモン異常による無排卵周期や子宮の病気が原因となっている場合は不妊につながるおそれもあるので要注意です。生理が長引く原因のほか、生理が長引くときの対策についても解説します。

妊娠検査薬の使用期限は何年?期限切れでの判定結果は?正しい保管方法とは

妊娠検査薬の使用期限は何年なのでしょうか。妊娠検査薬の使用期限が切れていると、やはり正確な検査結果が出ないのでしょうか。購入してから使わずにいて、外箱や袋から出さないままの妊娠検査薬をいざ使おうと思ったら使用期限が切れていた、ということもあるでしょう。妊娠検査薬の使用期限と注意点、正しい保管方法について解説します。

基礎体温の正しい測り方!舌の下で測るのがコツ?いつ?夜に測っていいの?

基礎体温とは安静にしている状態の体温のことです。妊娠を希望している場合だけでなく、自分の健康管理に役立てることができるので、日ごろから測定しておくのがおすすめですよ。しかし、基礎体温はいろいろな条件で変化しやすく、測定にはコツがあります。ここでは、正しい基礎体温の測り方と注意点、妊活に役立てる方法について紹介します。

子宮頸管炎について知ろう。症状や原因、治療法は?兆候はおりもの?

「子宮頸管炎」は放っておくと不妊や早産、産道感染につながりうる病気であることをご存じですか。子宮頸管炎は腟と子宮をつなぐ子宮頸管に起こる炎症で、性交や免疫力の低下によってクラミジアなどの病原菌に感染することで起こります。子宮頸管炎の症状や原因、治療法について知り、早期に発見・治療できるようにしておきましょう。

更年期の不正出血は長引くと病気?下腹部痛や大量の鮮血は大丈夫?

閉経前後の約10年間の「更年期」には、急速な身体の変化や体調不良に戸惑ってしまう人が多いのではないでしょうか。たとえば、生理のタイミングでない(あるいは閉経している)のに性器から出血があると不安ですよね。更年期に不正出血が起こるのは病気なのでしょうか。更年期の不正出血の原因と治療法、予防法について解説します。

不正出血でおりものが茶色やピンク色に?量が多いときやにおいが強いときは病気?

おりものが茶色やピンクに変色して驚いた経験はありませんか。おりものの変色の原因は、もしかすると不正出血かもしれません。不正出血が起こると、おりものはどのように変化するのでしょうか。不正出血の原因とおりものの色や量、においの変化について解説します。

子宮内膜症の原因と症状、治療法は?妊娠はできるの?

子宮内膜症は、子宮の内側をおおっている子宮内膜とよく似た組織が、子宮以外の場所にできる病気です。出産年齢の上昇や女性のライフスタイルの変化により、患者数が年々増加しています。子宮内膜症は不妊の原因にもなるので、妊娠を望む女性は注意が必要です。ここでは、子宮内膜症の原因や症状、治療法について解説します。

子宮頸がんの治療とは?治療費用や期間、方法は?どんな手術をする?

子宮頸がんは、近年若い女性の患者が増えており、国が積極的に検診をすすめている病気のひとつです。子宮頸がんと診断された場合、どのような治療を行うのでしょうか。子宮頸がんの治療費用や期間についても気になりますよね。子宮頸がんのステージごとの治療方法や手術の内容、かかる費用や期間、術後の過ごし方について解説します。

不正出血の原因を解説!腹痛を伴うことも? 鮮血が出ると危険?

生理でないのに性器から出血してしまう「不正出血」が起こると、なぜ出血したのか気になり、身体のどこかに異常があるのでは、と心配になってしまいますよね。不正出血はどんな原因で起こるのでしょうか。鮮血や腹痛は病気の兆候なのでしょうか。不正出血について知るための導入として、不正出血の原因や症状について解説します。

低用量ピルを飲んでいるのに不正出血!飲み忘れや妊娠との関係は?

避妊や生理不順の治療といったさまざまな目的で使用される低用量ピルですが、低用量ピルの服用中に出血が起こると、生理でないのにどうしてだろうと心配になりますよね。低用量ピル服用中に不正出血が起こるのは異常なのでしょうか。低用量ピル服用中の不正出血の原因と対策、飲み忘れや妊娠との関係について解説します。

不正出血はストレスがたまっている証拠?ホルモンバランスを整えて健康な毎日を!

生理が起こるはずのない時期に出血があり、どうして出血してしまったのだろうと不安になったことはないでしょうか。不正出血の大きな原因のひとつにホルモンバランスの乱れがあり、ストレスをためるとホルモンバランスが乱れやすいといわれています。ホルモンバランスの乱れによる不正出血の治療法や予防法について解説します。

内視鏡手術

卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術に熟練した医師が手術を行ないますのでご安心ください。

不妊症

一般不妊治療(タイミング療法〜授精までの治療)を行なっています。 排卵誘発を行わない自然周期による治療、適切な排卵誘発剤を用いた排卵誘発周期による治療などがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部の粘膜上皮(表面の細胞)に「がん」ができる女性特有の病気です。女性に起こるがんとしては世界的に、乳がんに次いで発症率、死亡率ともに第2位です。

婦人科の病気

忙しくてついつい見逃してしまうことの多い「婦人科の病気」。女性が社会に進出したり、また妊娠・出産回数が減ったりすることによって女性特有の病気の内訳もだんだん変わってきているのです。