お知らせ

こそだてハック

妊娠初期にニキビができやすいって本当?妊娠中に必要なケアは?

妊娠前はお肌のトラブルなんてなかったのに、妊娠初期から急に「ニキビ」が増えた、という妊婦さんは多くいます。妊娠初期は妊娠前に比べてホルモンバランスが変化することもあり、ニキビができやすくなっています。それでは、妊娠中のニキビには、どのように対処すれば良いのでしょうか?今回は妊娠初期からのニキビについて、原因やケア方法などをご紹介します。

生理後まで腰痛が続く…原因と解消法は?病気の可能性もあるの?

生理前や生理中は、つらい症状が起こりやすいもの。ほとんどの症状は生理が終われば軽くなっていきますが、生理が終わったのに腰痛が続くという人も多いようです。そこで今回は、生理後に起こる腰痛の原因や解消法、病気の可能性はあるのかなどをご説明します。

産後の排尿痛や頻尿。原因や対処法は?尿道が痛いなら病院へ行く?

出産が終わるとほっとしますが、ママの体力はまだまだ回復していないので、油断は禁物です。妊娠・出産を通じて、女性の体は思った以上にダメージを受けていて、様々なトラブルが続きます。産後の排尿トラブルもその一つです。今回は、産後の排尿痛や頻尿といった排尿トラブルについて、原因や対処法、尿道が痛いときは病院へ行くべきかなどをご説明します。

生理後に貧血でめまいがする…原因や対策は?予防できる?

生理が終わった後は、生理痛から開放されて体の調子がよくなりやすい時期です。しかし、生理後でも体がだるく、ときには貧血でめまいを起こしてしまうという人も少なくありません。生理後に貧血が起こるのには、どのような原因があるのでしょうか?今回は、生理後の貧血について、原因や予防方法、めまいがしたときの対策などをご紹介します。

生理後は食欲旺盛になりやすい?原因と対策は?予防できる?

生理前や生理中は体が栄養を求めて食欲旺盛になるといわれますが、なかには生理後に食欲旺盛になるという人もいます。生理後に食欲が増加するということをあまり聞いたことがなく、「これって私だけ?」と不安になりますよね。そこで今回は、生理後に食欲旺盛になる原因と対策、食欲の増進を予防する方法についてご説明します。

ピルを購入する方法は?入手するには病院での処方が必要?

避妊や生理不順の治療のために、低用量ピルを利用することがあります。しかし、使ったことがない人は、どのようにピルを購入すればいいのかよくわからないかもしれませんね。そこで今回は、低用量ピルの入手方法について、病院で処方してもらうのか、通販でも購入できるのかなどをご説明します。

生理後のニキビや肌荒れの原因は?解消法や対策は?

一般的に、生理後は肌の調子がよくなる時期です。しかし、なかには生理後にニキビができたり、肌荒れに悩まされたりする人も。どうして生理後にニキビや肌荒れが起きてしまうのでしょうか?今回は生理後の肌トラブルの原因と、その解消法や対策についてご説明します。

生理前にイライラする…原因や解消方法は?

生理前の女性は、はっきりした理由もないのにイライラしてしまうことがあります。ほとんどの人は「毎月こうなるのは仕方ない」と思って我慢しているだけかもしれません。しかし、きちんと原因を知って対策をすれば、イライラの症状を楽にできることもありますよ。そこで今回は、生理前のイライラについて、原因や解消法、薬の効果などをご説明します。

生理不順は不妊につながる?病気の可能性もあるの?

毎月やってくることから、「月経」や「お月さま」などとも呼ばれている、女性の生理。しかし、きちんと毎月こないと悩んでいる人も多くいます。できれば定期的に訪れてほしいものですが、女性の体はデリケート。環境の変化をはじめ、様々な要因で女性の体は変化し、その影響が生理にも表れます。生理不順を放っておくと不妊につながる恐れもあるので、注意したいですね。今回は生理不順と不妊の関係や、生理周期を安定させるための対策をまとめました。

生理前は便秘になりやすい?4つの解消法とは?

便秘に悩む女性は多いもの。特に生理前になると、普段は問題ない人も便秘になったり、いつもの便秘がひどくなったりという人もいますよね。そこで今回は、生理前に起こる便秘について、原因や解消法、妊娠の可能性はあるのかなどをご説明します。

内視鏡手術

卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術に熟練した医師が手術を行ないますのでご安心ください。

不妊症

一般不妊治療(タイミング療法〜授精までの治療)を行なっています。 排卵誘発を行わない自然周期による治療、適切な排卵誘発剤を用いた排卵誘発周期による治療などがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部の粘膜上皮(表面の細胞)に「がん」ができる女性特有の病気です。女性に起こるがんとしては世界的に、乳がんに次いで発症率、死亡率ともに第2位です。

婦人科の病気

忙しくてついつい見逃してしまうことの多い「婦人科の病気」。女性が社会に進出したり、また妊娠・出産回数が減ったりすることによって女性特有の病気の内訳もだんだん変わってきているのです。