お知らせ

こそだてハック

産後の尿漏れはいつまで?ひどいときは体操で改善できる?

産後ママの気になる体トラブルの一つに、「尿漏れ」があります。赤ちゃんを抱いて立ち上がった瞬間や咳をしたときにドキッとしたことはありませんか?「尿漏れしやすいのって、妊娠中だけじゃないの?」と不安を感じるかもしれませんが、産後にもよくあることなんですよ。今回は、産後の尿漏れが続く期間や、原因と対策についてご説明します。

排卵日に下痢!原因と対処法は?下痢が起こると妊娠しにくいの?

女性に不快症状が現れやすいタイミングは一般的に生理前といわれていますが、排卵日付近に体調を崩す人も多いようです。下痢もその症状の一つ。下痢だけでなく腹痛まで重なると、つらいのはもちろん、病気や妊娠と関係しているのかなども気になりますよね。そこで今回は、排卵日付近に下痢になる原因や、下痢になったときの対処法、妊娠との関係などをご説明します。

生理後に体がだるい。だるさの原因や解消方法は?予防できる?

生理前・生理中は、頭痛や腹痛、疲れやすいなどの身体的な不調や、イライラ、憂鬱といった精神的な不快症状を感じている女性がたくさんいます。これらの症状は、生理が終わると解消されるという人が多いですが、なかには生理後まで不調に悩まされる人もいます。そこで今回は、生理後に体がだるい原因と、そのだるさを解消するための方法、予防方法などをご説明します。

生理で足がだるい!腰が重い!生理痛でだるい原因や解消する方法は?

生理が来るたびに体調が悪くなり、生理痛でだるいと感じる女性は多くいます。生理痛の痛みだけでもつらいのに、だるくなると、仕事や家事をするのもイヤになってしまいますよね。そこで今回は、生理痛で体がだるくなる原因と、体全体、足や腰などがだるいときの解消法をご紹介します。

排卵とは?仕組みは?どんな体調変化が起きるの?

排卵とは、卵巣から卵子が飛び出すことをいいます。卵子が精子と受精することなく、子宮内膜に着床しないと、排卵後から2週間前後で子宮内膜が剥がれて外に出ます。これが生理(月経)です。今回は、排卵にフォーカスして、排卵のときに体の中では何が起きているのか、詳しくみていきましょう。

生理中の便秘!解消法は?便通が悪い原因は?

生理中は生理痛を筆頭に、様々な不快症状が現れます。なかには生理のたびに便秘になるという人も。つらい症状は、できる限り緩和したいですよね。そこで今回は生理中に便秘になるときの原因と、解消法をご説明します。

40代の妊娠確率は?不妊治療の成功率やリスクも教えて!

近年、晩婚化が進むにつれて高齢出産の割合も増加しています。医療技術が発達し、健康に気を使う人が増えたことで、40代の女性でも高齢出産が可能になっていると感じるかもしれません。しかし、20代や30代前半に比べると、高齢出産に様々なリスクがあるのは事実です。今回は40代の妊娠について、自然妊娠の可能性や不妊治療の成功確率、妊娠に伴うリスクなどをご紹介します。

産後のホルモンバランスの乱れや体調不良はいつまで?対処法は?

出産が終わっても、ママの体はすぐ元に戻るわけではありません。出産後はまだホルモンバランスが乱れたままで、その影響で体に様々な症状が現れることもあります。心身ともに元の状態に戻るには時間が必要なので、焦らずに対処していきましょう。今回は産後のホルモンバランスの乱れがいつまで続くのか、また、乱れを改善するための対処法をご紹介します。

産後の下痢がつらい…対処法は?腹痛と吐き気も伴うときは?

産後はさまざまな体のトラブルが起こりますが、下痢もその一つです。下痢はなかなか人には相談しづらいことなので、一人で思い悩んでいる人は多いのではないでしょうか?特に母乳育児をしている人は、授乳中にトイレに行きたくなると、我慢するのがつらいですよね。そこで今回は、産後の下痢について、原因や対処法などをご紹介します。

生理中の肌荒れがひどい…原因と対策は?

生理中、肌荒れに悩まされる女性は多いと思います。ただでさえ生理痛などの不快症状に悩まされているのに、肌荒れがひどいと気分が落ち込みますよね。そこで今回は、生理中の肌荒れについて、原因と対策、予防法をご説明します。

生理を遅らせるためにピルは使える?他にどんな方法があるの?

温泉や海外旅行といった楽しいイベントが、生理予定日と重なってしまうことはありますよね。なんとかして生理予定日を遅らせたいということもあるでしょう。そこで今回は、生理予定日をずらす方法や婦人科でピルをもらえるのかなどについてご説明します。

妊娠前の準備が大切!子作り前にしておきたい6つのこと

妊娠すると、お腹の赤ちゃんのためにやってはいけないことや、体が変化してできなくなること・するのが難しくなることがあります。妊娠後のことをあまり考えないでいると、妊娠中や出産後に「もっと●●しておきたかった」「事前に●●しておくべきだった」と思い返すママも多いようです。そこで今回は、子作り・妊娠前に準備しておくこと、やっておくといいことをご紹介します。

妊娠初期は貧血になりやすい?どんな症状が出る?対策は必要?

妊娠初期には様々な体調変化が起きますが、「貧血」もその一つ。女性はもともと貧血になりやすく、妊娠すると多くの女性が貧血に悩まされます。妊娠初期から貧血を起こす人も多いのですが、一体何が原因なのでしょうか?また、どんな症状が現れ、対策は必要なのでしょうか?今回は妊娠初期の貧血について詳しくご説明します。

基礎体温が低い…それでも妊娠できる?原因や症状は?

基礎体温には低温期と高温期があります。低温期から高温期に移り変わる時期に排卵が起こるので、基礎体温を把握することが妊娠するための第一歩ともいえます。しかし、基礎体温を計ってみて「どうも基礎体温が低くて高温期がきちんとあるのかわからない」「基礎体温が低くても妊娠できるの?」と不安を感じる人も。今回は基礎体温が低くても妊娠した可能性があるのか、基礎体温が低いと妊娠しにくいのかなどをご説明します。

産後3・4・5ヶ月で妊娠できる?妊娠可能な時期はいつ頃から?

子供を出産したあと、年子(年齢差が1歳)の妹や弟がほしいとなると、産後3・4・5ヶ月の妊娠を考えるパパ・ママが多いと思います。産後3・4・5ヶ月で妊娠することは、そもそも可能なのでしょうか?もし可能なら、どうすれば妊娠しやすくなるのでしょうか?今回は、産後の妊娠の可能性や注意点、妊娠しやすくなるための方法についてご説明します。

生理後のむくみの原因や解消法は?

生理前や生理中にむくみに悩む女性は多いですが、一般的に、生理後はむくみが解消されやすい時期です。それにも関わらず、生理後までむくみが続いてしまうのはどうしてなのでしょうか。今回は生理後のむくみの原因や、解消法、予防法などをご説明します。

プロスタグランジンとは?作用は?生理痛の原因になるの?

人間の体内には、ホルモンや神経伝達物質を筆頭に、様々な生理活動に作用をもたらし、体の働きを調節する生理活性物質というものが存在します。その中の1つで、女性の体の中で大きな役割を果たしている物質に「プロスタグランジン」があります。今回は、プロスタグランジンの作用や、製剤としての使用目的についてご説明します。

内視鏡手術

卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術に熟練した医師が手術を行ないますのでご安心ください。

不妊症

一般不妊治療(タイミング療法〜授精までの治療)を行なっています。 排卵誘発を行わない自然周期による治療、適切な排卵誘発剤を用いた排卵誘発周期による治療などがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部の粘膜上皮(表面の細胞)に「がん」ができる女性特有の病気です。女性に起こるがんとしては世界的に、乳がんに次いで発症率、死亡率ともに第2位です。

婦人科の病気

忙しくてついつい見逃してしまうことの多い「婦人科の病気」。女性が社会に進出したり、また妊娠・出産回数が減ったりすることによって女性特有の病気の内訳もだんだん変わってきているのです。