お知らせ

こそだてハック

排卵日はいつ?計算方法は?生理周期で排卵時期が予測できる?

妊娠したいと考えている人は、「妊娠しやすい排卵日はいつ?」ということをまず知りたいですよね。排卵日がいつかを正確に把握することは、妊活の第一歩です。排卵日の計算は、生理周期から簡易的に行う方法や基礎体温グラフを利用する方法、体の状態から知る方法など様々です。今回は排卵日がいつかを知るために、排卵日と生理周期との関係や具体的な計算方法をご紹介します。

排卵出血とは?妊娠との関係は?期間や量、タイミングはいつ?

「生理は終わったはずなのに、出血が…!」と不思議に思ったことはありませんか?実は、排卵日の前後に出血が起こる「排卵出血」というものを経験する女性もいます。排卵出血そのものは異常なことではありませんが、生理以外の不正出血には病気が隠れている可能性もあるため、判断のポイントを知っておきたいところ。今回は、排卵出血の原因や症状、タイミングや期間などをご説明します。

排卵痛とは?原因と症状、期間は?生理痛との違いは?

女性が月に一度悩まされる痛みといえば、「生理痛」を思い浮かべる人は多いと思いますが、なかには「排卵痛」がひどくて困っている人もいます。排卵痛はなぜ起こるのでしょうか?また、生理痛とはどう違うのでしょうか?今回は排卵痛の原因や症状、期間、痛みをやわらげる方法をご説明します。

排卵日の基礎体温は上がる?下がる?排卵期と黄体期はどうなる?

「妊娠するためには、まず体温を測るように」とよく聞きますよね。「体温」とは基礎体温のことで、基礎体温の変化で排卵のタイミングがある程度わかるため、基礎体温を記録することが妊活の第一歩ともいえます。今回は、排卵日の基礎体温は上がるのか下がるのか、また生理周期のなかのほかの時期はどう変化するのかについてご説明します。

子作りの方法は?コツを知って妊娠率アップ!

子供が欲しいと思っても、すぐに妊娠できるわけではありません。妊娠を望んでいる女性が妊娠するまでにかかる期間は個人差が大きく、すぐに赤ちゃんを授かる人もいれば、何年も妊活をする人もいます。「できるだけ早く妊娠したい」と考えているのであれば、早めに準備することがポイントです。今回は、妊娠率を高めるための子作りのコツと方法をご紹介します。

危険日は生理後いつ?生理前は完全に安全日だといえるの?

妊娠のしやすさについて、「危険日」「安全日」という言葉が使われることがありますが、具体的にいつのことを指すのか、実はきちんと把握できていないという人も多いかもしれません。そこで今回は、生理周期から危険日・安全日を計算する方法や、より正確に予測する方法などをご説明します。

早く妊娠したい!と思う人が今すぐ知るべき、体・食・習慣のこと

「早く妊娠したい!」と思い、日々、妊活に励んでいる人も多いと思います。しかし、やみくもに妊活をしても妊娠力を高めることはできません。早く確実に妊娠したいと望むなら、今すべきことを考えて効率的な妊活を試みましょう。今回は、妊娠したいと思ったときにすぐ始めたいことをご紹介します。

一番妊娠しやすい日はいつ?時期やタイミングはどう見極めるの?

妊娠を望むカップルにとって、妊娠しやすい日を知ることは妊娠率をアップさせるための1つの方法ですよね。自分の排卵日がいつなのかを把握することで、妊娠しやすい日の目安をつけることができます。今回は、一番妊娠しやすい日がいつなのかを見極める方法についてご紹介します。記事の後半には自動計算ツールもあるので、ぜひ試してみてくださいね。

卵子の寿命はどれくらい?排卵と生理の仕組みとは?

生理が定期的に訪れるのを煩わしいと思ったことはありませんか?しかし、生理は体が妊娠の準備をしているサインであり、妊活中の女性にとって、自分の生理周期と排卵日を把握することは、妊娠する上でとても大切なことです。また、排卵日に卵巣から出される卵子には寿命があるため、妊娠するタイミングを見つけるのにはコツが必要。そこで今回は、卵子の寿命や排卵と生理の仕組みなどについてご紹介します。

妊娠の仕組みとは?赤ちゃんはどんな過程を経て生まれるの?

妊娠の仕組みについては、学生のときに保健体育の授業で聞いたことがあるという程度で、実は詳しい内容はわからない、という人も多いのではないでしょうか。妊娠していないか気になったり、子供が欲しくて妊活を始めようと考えているなら、妊娠の仕組みを知っておくことは大切なことですよね。そこで今回は、妊娠の仕組みについて、卵子が受精し、着床するまでの過程を詳しくご紹介します。

内視鏡手術

卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術に熟練した医師が手術を行ないますのでご安心ください。

不妊症

一般不妊治療(タイミング療法〜授精までの治療)を行なっています。 排卵誘発を行わない自然周期による治療、適切な排卵誘発剤を用いた排卵誘発周期による治療などがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部の粘膜上皮(表面の細胞)に「がん」ができる女性特有の病気です。女性に起こるがんとしては世界的に、乳がんに次いで発症率、死亡率ともに第2位です。

婦人科の病気

忙しくてついつい見逃してしまうことの多い「婦人科の病気」。女性が社会に進出したり、また妊娠・出産回数が減ったりすることによって女性特有の病気の内訳もだんだん変わってきているのです。