お知らせ

こそだてハック

カンジダは完治する?必要な期間や完治しないときの対処法は?

カンジダによって引き起こされる病気のうち、外陰腟カンジダ症は性器にかゆみが出たり、おりものに異常が現れたりするため厄介な病気です。誰もが早く治ってほしいと思うのではないでしょうか。そこで今回は、外陰腟カンジダ症は完治するのか、完治するまでに要する期間や、完治しないときの対処法などについてご説明します。

生理前に甘いものが食べたい!食べたくなる理由は?

生理前の女性は、心身ともにいつもの状態とは異なります。わけもなくイライラしたり、体調がすぐれなかったりというのはよくあること。なかには、生理前にだけチョコレートやケーキのような甘いものを食べたくなる人も。実はこれも、生理前だからこそ起こる症状の1つです。今回は、生理前に甘いものが食べたくなる理由や食べすぎないようにする対策についてご説明します。

生理後の下痢・便秘の原因や対処法は?続くときは病気の可能性も?

生理にまつわる不快な症状はいろいろありますが、意外と多いのがお腹のトラブル。生理周期にあわせて、下痢になったり便秘になったりする人も多いと思います。一般的に、便秘は生理前、下痢は生理中に起きやすいのですが、生理後に下痢や便秘が起こるときは、どのような原因があるのでしょうか?今回は生理後の下痢や便秘の原因、解消法や対策についてご説明します。

生理前のむくみ…原因は?顔や足に出るときの対策は?

生理前は、頭痛や腹痛、イライラなど、心や体の不快症状に悩まされますよね。なかでも特に「むくみ」が気になる、という女性は多いのではないでしょうか?そこで今回は、生理前のむくみの原因や、顔・手足に出たときの解消法などをご説明します。

生理後にイライラする原因は?解消法や予防法は?

生理前は精神的に不安定になりやすいので、ちょっとしたことでイライラするようになると「そろそろ生理が来るかな」と感じる女性は多いかもしれません。このイライラは、生理が始まると症状が治まることがほとんどですが、なかには生理が終わってもイライラが止まらない人もいるようです。そこで今回は、生理後にイライラする原因や解消法、予防法をご紹介します。

産後の肌荒れがひどい!授乳中の乾燥肌・かゆみの対処法は?

ママになっても、年齢を重ねても、キレイであり続けたいのは女性の願い。しかし、産後は乾燥やかゆみ、湿疹など、さまざまな肌トラブルが起きやすいものです。女性にとって肌荒れは憂うつなことですが、授乳中は特に食べ物や化粧品に気を使うため、対処法に悩む人も。今回は産後の肌荒れについて、原因と対処法をご説明します。

妊娠検査薬の正しい使い方は?判定の見方や失敗しないコツは?

「もしかして妊娠したかも?」と思ったときに必要なのが「妊娠検査薬」。しかしいざ妊娠検査薬を使いたくても、日頃使っているものではないので、使い方がよくわからないという人も多いのではないでしょうか。使用方法を間違えると正しく判定できずに、慌ててしまうことも。今回は、妊娠検査薬の使い方や判定の見方、失敗しないコツについてご説明します。

おりものの変化で排卵日がわかる?排卵前は量が多くて粘り気がある?

「おりもの」は、下着が汚れる、においが気になるなど、あまりいいイメージを持っていない人もいるかもしれません。しかし、おりものの変化を見ることで排卵日をある程度予測することができるため、妊娠したい女性にとっては見逃せない体のサインでもあります。今回は、排卵日前後のおりものの特徴や、チェックの方法についてご説明します。

妊娠超初期のおりものは生理前とどう違う?排卵後の着床で変化する?

妊娠すると体に様々な変化が現れます。「おりもの」の変化もその一つ。妊娠検査薬がまだ反応しない生理前でも、おりものに変化が現れたら妊娠兆候かもしれません。今回は生理前のおりものについて、妊娠したら量は増えるのか、色や状態が変化したら妊娠超初期症状なのかなどをご説明します。

内視鏡手術

卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術に熟練した医師が手術を行ないますのでご安心ください。

不妊症

一般不妊治療(タイミング療法〜授精までの治療)を行なっています。 排卵誘発を行わない自然周期による治療、適切な排卵誘発剤を用いた排卵誘発周期による治療などがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部の粘膜上皮(表面の細胞)に「がん」ができる女性特有の病気です。女性に起こるがんとしては世界的に、乳がんに次いで発症率、死亡率ともに第2位です。

婦人科の病気

忙しくてついつい見逃してしまうことの多い「婦人科の病気」。女性が社会に進出したり、また妊娠・出産回数が減ったりすることによって女性特有の病気の内訳もだんだん変わってきているのです。