お知らせ

こそだてハック

産後の生理痛がひどい!原因と緩和法は?授乳中に薬は飲める?

出産を終えて、生理痛が妊娠前より軽くなったというママも多いのですが、なかには「産後の方が生理痛がひどい」という人もいます。元々、生理痛の症状や程度は個人差が大きいものですが、なぜ産後にひどくなることがあるのでしょうか。今回は、産後の生理痛がひどいときに考えられる原因と改善法、授乳中に痛み止めの薬が飲めるかなどをご説明します。

悪露が増えるのは異常?産後2ヶ月まで長引くこともあるの?

産後の悪露は、だんだんと量が減って1ヶ月ほどで出なくなるのが一般的です。そのため、急に悪露が増えたり、1ヶ月以上長引いたりすると、何か異常があるのではと心配になりますよね。そこで今回は、悪露が増えたり、産後2ヶ月ほど続いたりするときの原因や対処法、そのほか気をつけたい症状などをご説明します。

妊婦は口内炎ができやすい?妊娠中、妊娠初期でも薬を使っていいの?

妊娠するとホルモンバランスが大きく変わるため、「えっ、これも妊娠と関係があるの?」と、一見関係なさそうな変化が体に現れることも少なくありません。実は「口内炎」も、妊婦さんによく起きる病気のひとつなんですよ。今回は、妊娠中の口内炎について、できやすい原因や治療法、予防法をご説明します。

月経異常とは?どんな種類があるの?原因や症状、治療法は?

正常な月経(生理)の状態から外れたものを「月経異常」と呼びます。命にかかわる重大なものではないので軽視されがちですが、月経異常があると妊娠しやすさに影響が出たり、日常生活がつらくなったりすることもあります。そこで今回は、月経異常の種類や原因、症状、治療法についてご説明します。

月経前症候群(PMS)とは?吐き気などの症状は薬で治療できる?

生理前に、日常生活に支障が出るほどの強い不快症状に悩まされている…という場合、それは「月経前症候群(PMS)」かもしれません。つらい症状は、できるだけ早く改善したいですよね。今回は月経前症候群の原因や治療法、予防のために心がけたいことなどをご説明します。

おりものの異常を見分けるには?量や色、においで病気がわかる?

普段は「おりもの」について、あまり意識しませんよね。ただ、下着にいつもと違うおりものが付着すると、何かの病気なのかな…と不安になるかもしれません。そこで今回は、おりものの異常の見分け方について、量・色・においにどんな違いが現れるのかをご説明します。

つわりに点滴は効果的?いつ打つのがいいの?悪影響はある?

つわりは病気ではないものの、症状が悪化して「妊娠悪阻」の状態になると、ママやお腹の赤ちゃんの体が命の危険にさらされることもあるので、我慢のしすぎは禁物です。つわり対策として、産婦人科で点滴を受けた方がいいと判断されることもありますよ。今回は、つわりに使われる点滴の成分や効果、お腹の赤ちゃんへの影響などについてご説明します。

生理で子宮が痛い!原因と解消法は?病院は行くべき?

毎月、生理が来るたびに生理痛に悩まされる人は多いと思います。痛みを感じる場所には個人差がありますが、なかには子宮のあたりにズキズキとした痛みを感じるという人もいます。今回は、生理で子宮が痛くなる原因や痛みの解消法、痛いときは病院に行くべきかなどをご説明します。

中間期出血とは?量や期間は?ストレスが原因?妊娠の可能性もある?

生理ではない時期に出血があると、何かの病気ではないかと心配になりますよね。時期や量にもよりますが、生理と生理の間に見られる少量の出血は「中間期出血」というもので、大きな心配はいらないものです。今回は、中間期出血とはどういうものか、原因や量、期間、妊娠の可能性などもご説明します。

妊婦がでべそになりやすい理由・原因は?いつ元に戻るの?

妊娠すると、妊娠前には考えられなかったような様々な変化が体に現れます。なかには、妊娠中に「でべそになってしまって、元に戻らない!」と困っている妊婦さんもいるかもしれませんね。今回は、なぜ妊娠するとでべそになりやすいのか、いつ元に戻るのか、妊娠中にできる対策などについてご説明します。

外陰炎とは?症状は自然治癒するの?市販薬でも治る?

デリケートゾーンのトラブルは不快であるものの、なかなか人に相談したり、病院を受診したりしづらく、我慢してしまう人も多いのではないでしょうか。痛みやかゆみがある場合、「外陰炎」を起こしている可能性があるので、早めの処置が大切ですよ。今回は、「外陰炎」が起こる原因や症状、検査方法や治療法についてご説明します。

授乳中に貧血が起きる原因と解消法は?鉄剤は飲める?

赤ちゃんのお世話は24時間休みなしです。慣れない育児による疲れや睡眠不足もあって、体のトラブルが続いているママも多いのではないでしょうか。特に授乳中、貧血によるめまいなどの症状を感じたことはありませんか?今回は、授乳中にママがなりやすい貧血について、原因や解消方法、鉄剤を飲むことの安全性などをご説明します。

内視鏡手術

卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術に熟練した医師が手術を行ないますのでご安心ください。

不妊症

一般不妊治療(タイミング療法〜授精までの治療)を行なっています。 排卵誘発を行わない自然周期による治療、適切な排卵誘発剤を用いた排卵誘発周期による治療などがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部の粘膜上皮(表面の細胞)に「がん」ができる女性特有の病気です。女性に起こるがんとしては世界的に、乳がんに次いで発症率、死亡率ともに第2位です。

婦人科の病気

忙しくてついつい見逃してしまうことの多い「婦人科の病気」。女性が社会に進出したり、また妊娠・出産回数が減ったりすることによって女性特有の病気の内訳もだんだん変わってきているのです。