お知らせ

こそだてハック

フェマーラ(レトロゾール)で不妊治療?排卵誘発の効果や副作用は?

不妊治療で、排卵誘発のために「フェマーラ(レトロゾール)」という薬が使われることがあります。本来は、閉経後の乳がん治療薬として開発されましたが、最近ではその作用から不妊治療にも応用されるようになりました。今回は、フェマーラ(レトロゾール)の効果や副作用についてご説明します。

ルナベルとは?効果と副作用は?飲み忘れたときの飲み方は?

低用量ピルの一つに「ルナベル」があります。重い生理痛(月経困難症)の症状をやわらげることを目的とした治療薬で、基本的には避妊目的で処方されるものではありません。今回は、ルナベルの効果と副作用、飲み方、飲み忘れたときの対処法などについてご説明します。

ブセレキュアとは?体外受精での排卵誘発効果や副作用、使い方は?

不妊治療では、排卵誘発剤を使って排卵をコントロールすることが大切です。排卵誘発剤には様々なものがありますが、その一つに点鼻薬の「ブセレキュア」があります。本来は子宮内膜症や子宮筋腫の治療用に開発されましたが、作用上、排卵誘発効果があることから不妊治療でも使われています。今回は、不妊治療でブセレキュアを処方された方のために、その効果や副作用、使い方などをご紹介します。

セキソビットとは?効果と副作用は?排卵日はいつ?飲み忘れたら?

不妊治療で使われる排卵誘発剤の一つに「セキソビット」があります。排卵誘発剤は種類が多く、それぞれ何が違うのかわからなかったり、治療中に薬が変更されて不安を感じたりする人もいると思います。そこで今回は、セキソビットについて、効果や副作用のほか、服用後の排卵日や飲み方などをご説明します。

マグセントとは?切迫早産への効果や副作用、胎児への影響は?

切迫早産になった場合、赤ちゃんが早く生まれてしまうのを防ぐために、子宮収縮抑制薬を使うことがあります。様々な種類の薬があるなかで、「マグセント」は、ウテメリンなどの薬で十分な効果が見られない場合に使われますが、副作用もあるので注意が必要です。今回は、マグセントの効果や副作用、胎児への影響についてご紹介します。

プラノバールの副作用は?吐き気はいつまで続く?太ることもあるの?

月経困難症や不妊症の治療、緊急避妊などに効果があるとされる「プラノバール」。副作用で吐き気などを引き起こすこともあるため、服用時には体調の変化に注意が必要です。今回はプラノバールの副作用について、どんな症状があるのか、吐き気はいつまで続くのか、太ることもあるのかなどをご説明します。

セロフェンとは?排卵誘発の効果や副作用は?飲み忘れたら?

不妊治療に取り組んでいて、排卵障害を改善するために「セロフェン」という排卵誘発剤を処方された人もいるのではないでしょうか。排卵誘発剤にもいくつか種類があるので、セロフェンにはどんな特徴があるのか気になりますよね。今回はセロフェンについて、効果や副作用、飲み忘れたときの対処法など、気になる点をご紹介します。

ゴナールエフとは?効果や副作用は?自己注射するの?

不妊症の原因は、男女それぞれ様々なものが考えられます。たとえば、女性であれば排卵がうまくいかないこと、男性であれば質の良い精子が作られないことが不妊の原因になります。そんな不妊症に対する治療として、ホルモン製剤の一つ「ゴナールエフ」が処方されることがあります。一体、どのような作用があるのでしょうか?今回は、ゴナールエフについて、不妊治療における効果や妊娠率、副作用などについてご説明します。

ノアルテンとは?効果や副作用、飲み方は?生理は遅れる?

女性ホルモンの調子は、体調に大きく影響します。たとえば、何らかの原因でホルモンバランスが崩れてしまうと、月経異常が起こることも。月経異常がひどくなると不妊の原因になるため、早期の治療が不可欠で、その治療にホルモン剤の「ノアルテン」が処方されることがあります。今回は、ノアルテンの効果や副作用、飲み方のほか、服用後の生理についてご紹介します。

ズファジランの効果と副作用は?点滴する場合もあるの?

妊娠中、切迫流産や切迫早産のリスクが高い場合は安静にする必要があります。また、子宮収縮を抑える薬が使われることもあり、その一つが「ズファジラン」です。ただ、どんな作用があるのかわからずに服用したり、点滴を受けたりするのは不安ですよね。今回はズファジランについて、効果や副作用、ほかの薬との違いなどをご説明します。

内視鏡手術

卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術に熟練した医師が手術を行ないますのでご安心ください。

不妊症

一般不妊治療(タイミング療法〜授精までの治療)を行なっています。 排卵誘発を行わない自然周期による治療、適切な排卵誘発剤を用いた排卵誘発周期による治療などがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部の粘膜上皮(表面の細胞)に「がん」ができる女性特有の病気です。女性に起こるがんとしては世界的に、乳がんに次いで発症率、死亡率ともに第2位です。

婦人科の病気

忙しくてついつい見逃してしまうことの多い「婦人科の病気」。女性が社会に進出したり、また妊娠・出産回数が減ったりすることによって女性特有の病気の内訳もだんだん変わってきているのです。