お知らせ

こそだてハック

プレマリンの副作用は?生理への影響は?吐き気や眠気が出る?

不妊治療の方法の一つに「ホルモン療法」があります。これは、女性ホルモンの不足などによって起こる、月経不順や子宮・卵巣の疾患を改善するためにホルモン剤を投与する治療法です。ホルモン剤の一種である「プレマリン」は、卵巣機能不全などの治療に効果を発揮する一方、どんな副作用があるのでしょうか?今回は、プレマリンの副作用や生理への影響について詳しくご説明します。

クラミジア検査の方法や費用は?検査キットで調べられるの?

性器クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマティスという微生物が原因で起こる性感染症です。病気が進行して合併症を起こす前に、感染にいち早く気づいて早めに対処することが大切です。今回はクラミジアの検査方法や費用のほか、病院で検査するのにかかる時間や、自宅で使える検査キットについてご説明します。

細菌性膣炎とは?原因や症状、治療法は?

女性のデリケートゾーンにトラブルを引き起こす「細菌性膣炎」という病気があります。成人女性によく見られますが、おりものの増加や腹部の痛み、デリケートゾーンのかゆみなどを引き起こすので、性感染症と勘違いすることがあるかもしれません。今回は、細菌性膣炎の原因や症状、治療法をご説明します。

細菌性膣症とは?原因や症状、治療法は?

「細菌性膣症」という病気をご存知ですか?膣が炎症を起こす病気は性感染症をイメージするかもしれませんが、細菌性膣症は性行為が原因とは限らず、大人の女性であればかかる頻度が高い病気です。今回は細菌性膣症について、原因や症状、治療法のほか、妊娠中にかかった場合のリスクをご説明します。

クラミジアはおりものの臭いや色でわかる?かゆみや出血が起きる?

性感染症の一つ「性器クラミジア感染症」は、不妊の原因になることがある厄介な病気です。できるだけ早く治療をするためにも、感染後にどのような症状が現れるのか、知っておきたいですね。今回は、クラミジア感染後の症状として、おりものの臭いや色、量に変化があるのか、痛みやかゆみ、不正出血などが現れるのかについてご説明します。

胚盤胞移植後に体調は変化する?過ごし方は妊娠率に影響するの?

体外受精や顕微授精で胚盤胞移植をした後、着床してくれることを祈りながら判定日を待っている人もいるのではないでしょうか。「胚盤胞移植後の過ごし方が、妊娠率に影響を与えることもあるのかな?」というのも、気になるポイントですよね。今回は、判定日までの期間に心がけたいことや避けたいことなど、胚盤胞移植後の過ごし方をご紹介します。

プレマリンの不妊治療への効果は?飲むと太る?ルトラールを併用?

女性の体調は、女性ホルモンの分泌量の変化に左右されます。ホルモンバランスが崩れる原因の一つに卵巣機能不全があり、不妊治療で使われる「プレマリン」は卵巣機能不全の改善に効果があるとされています。今回は、プレマリンの効果や飲むときの注意点などをまとめました。

膣カンジダはおりものや臭いでわかる?かゆみや痛みはあるの?

おりものが臭くなったり、デリケートゾーンにかゆみを感じると、何かの病気にかかっていないかと心配になりますね。女性は「膣カンジダ」にかかりやすいので、症状に気づいたら早めの検査と治療が必要です。今回は、膣カンジダに感染した場合のおりものの変化や、そのほかの症状、似ている病気との違いをご説明します。

性病とは?女性がかかりやすい性感染症は?

「性病(性感染症)」と聞くと、エイズや梅毒などのイメージが強く、少数の人だけがかかる病気のように感じるかもしれません。しかし、性病には様々な種類があり、「私には関係ない」と思っている人でも知らないうちに感染している可能性があります。今回は、女性がかかりやすい性病の原因や症状についてご説明します。

婦人科のご案内

婦人科全般において診療いたします。 特に内視鏡手術、婦人科早期がんの診断・治療、性器脱TVM手術に力を入れております。

内視鏡手術

卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術に熟練した医師が手術を行ないますのでご安心ください。

不妊症

一般不妊治療(タイミング療法〜授精までの治療)を行なっています。 排卵誘発を行わない自然周期による治療、適切な排卵誘発剤を用いた排卵誘発周期による治療などがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部の粘膜上皮(表面の細胞)に「がん」ができる女性特有の病気です。女性に起こるがんとしては世界的に、乳がんに次いで発症率、死亡率ともに第2位です。

子宮脱・性器脱

高齢化社会に突入し、50代から70代にかけての女性に増えているのが、子宮脱(性器脱)と尿失禁です。

婦人科の病気

忙しくてついつい見逃してしまうことの多い「婦人科の病気」。女性が社会に進出したり、また妊娠・出産回数が減ったりすることによって女性特有の病気の内訳もだんだん変わってきているのです。