お知らせ

こそだてハック

胚盤胞移植のフライング検査はいつから?判定日前にわかるの?

「胚盤胞移植を行った後は、着床の判定日を待つだけ…」ですが、妊娠を待ち望む人にとっては、判定日までの2週間が長く感じられ、早く結果を知りたいと思うのではないでしょうか。今回は、胚盤胞移植後のフライング検査について、方法や時期のほか、判定日前に陽性・陰性が出たときの考え方などをご紹介します。

新鮮胚移植とは?移植後の着床時期・判定日・妊娠率は?

体外受精や顕微授精によって体外での受精が成功したら、できた受精卵(胚)を女性の子宮の中へ戻して妊娠を目指します。これを「胚移植」といい、採卵した周期内ですぐに移植する「新鮮胚移植」と、受精卵を凍結保存して別の周期で使う「凍結胚移植」の2つの方法があります。今回は新鮮胚移植について、方法や移植後の着床時期、着床の判定日や妊娠率をご紹介します。

凍結胚移植とは?スケジュールや着床時期、妊娠率は?

体外受精や顕微授精では、受精卵を培養して子宮に戻す「胚移植」が行われます。この胚移植の方法に「新鮮胚移植」と「凍結胚移植」の2つがあることをご存知ですか?1回の移植あたりの妊娠率を比較すると、凍結胚移植のほうが高いことがわかっています。今回は、凍結胚移植について、スケジュールや着床時期、妊娠率などをご説明します。

胚盤胞のグレードで妊娠率が違う?培養5・6日目でも変わるの?

不妊治療における体外受精や顕微授精の技術は向上し、体外で受精卵を培養して着床しやすい状態まで育ててから子宮に戻す「胚盤胞移植」ができるようになりました。胚盤胞移植の際、胚盤胞の発育具合や状態によって「グレード」が異なり、それによって妊娠率にも影響がでます。今回は、胚盤胞のグレードの内容や、グレードの違いによる妊娠率の違いについてご説明します。

内視鏡手術

卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術に熟練した医師が手術を行ないますのでご安心ください。

不妊症

一般不妊治療(タイミング療法〜授精までの治療)を行なっています。 排卵誘発を行わない自然周期による治療、適切な排卵誘発剤を用いた排卵誘発周期による治療などがあります。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部の粘膜上皮(表面の細胞)に「がん」ができる女性特有の病気です。女性に起こるがんとしては世界的に、乳がんに次いで発症率、死亡率ともに第2位です。

婦人科の病気

忙しくてついつい見逃してしまうことの多い「婦人科の病気」。女性が社会に進出したり、また妊娠・出産回数が減ったりすることによって女性特有の病気の内訳もだんだん変わってきているのです。