お知らせ


厚生労働科学研究費補助金新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業
ワクチンにより予防可能な疾患に対する予防接種の科学的根拠の確立及び対策の向上に関する研究(研究代表者 大石 和徳)
「妊婦の風疹り患および先天性風疹症候群の発生抑制等胎児期の罹患予防に関する研究」(分担研究者 平原 史樹)

風疹の患者数が急増し、全国に拡大しています。風疹ウイルスの感染を予防することを目的に、風疹含有ワクチン(麻しん風しん混合ワクチン、風しんワクチン)の接種を希望する女性が増えていますが、妊娠に気付かずにワクチンを接種した場合の対応を記載いたしました。

万が一、ワクチン接種した後に妊娠が分かった場合でも、世界的にみてもこれまでにワクチンによる先天性風疹症候群の発生報告はなく、その可能性は否定されているわけではありませんが、人工中絶等を考慮する必要はないと考えられます。
(風疹予防接種に関するガイドライン‐ 任意接種を実施する医師のために –国立感染症研究所感染症情報センター 2005 年 8 月 22 日http://www.nih.go.jp/niid/images/idsc/disease/rubella/041119/041119guide.pdf より抜粋、11 頁)

また、『風しんワクチン接種後に妊娠が判明したり,避妊に失敗したりしても世界的にこれまで風しんワクチンによる先天性風疹症候群の報告はない』とすでに診療ガイドラインでも述べられているところです。
(産婦人科診療ガイドライン-産科編 2011、248頁解説末尾参照)

なお、麻しん風しん混合ワクチンならびに風しんワクチン添付文書には『妊娠可能な婦人においては、あらかじめ約1カ月間避妊した後接種すること、及びワクチン接種後約2カ月間は妊娠しないように注意させる。』とされておりますので接種前の説明,指導は大切です。

一方、男性の場合、ワクチン接種後、避妊の必要性はありません。

■参考文献の 1 例;
da Silva e Sá GR, Camacho LA, Siqueira MM, Stavola MS, Ferreira DA.
Seroepidemiological profile of pregnant women after inadvertent rubella
vaccination in the state of Rio de Janeiro, Brazil, 2001-2002
Rev Panam Salud Publica. 2006,19:371-8

妊娠していることを知らずに風疹含有ワクチンの接種を行った症例、ならびにワクチン接種後 30 日以内に妊娠した症例、合計 2,292 人について検討したところ、

  • ワクチン接種後 30 日以内の風疹抗体測定で IgM 抗体陰性、IgG 抗体陽性であった女性(接種時、すでに風疹ウイルスに免疫があったと考えられる例)が 316 人(13.8%)
  • IgM 抗体陽性であった女性(接種時、風疹ウイルスに感受性であったと考えられる例)が 288 人(12.6%)
  • ワクチン接種後 30 日以上経過してからの抗体測定で IgM 抗体陰性、IgG 抗体陽性であった女性(接種時、すでに風疹ウイルスに免疫があったか、感受性であったか判断のつかない例)が 1,576 人(68.8%)であった。
  • ワクチン接種後 IgM 抗体が陽性であった妊婦(接種時、風疹ウイルスに感受性であったと考えられる例)の 75% が、妊娠 5 週以内の接種であったとしているが、先天性風疹症候群の児の出生はみられなかった。
  • しかし、妊婦へのワクチン接種は避けることと、風しんワクチン接種後 1 カ月間の受胎は避けるように推奨されている。

赤ちゃんとお母さんの感染予防対策5ヶ条