食材中の放射性セシウムについて心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内

「食材中の放射性セシウムについて心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内」
平成23年7月21日
日本産科婦人科学会

放射性セシウム(Cs-137)はその半減期の長さ(約 30 年、放射能活性が半分に なるのに要する時間)が問題となります。食材中の Cs-137 と人体における影響 について本会の見解をご案内致します。

Cs-137 を食材中から摂取した場合におけるベクレル(どの程度の放射線を出す かの単位)とミリシーベルト(人体が放射線により受ける影響の単位)の関係 は以下のようになります。

mSv=Bq×1.3÷10,000(成人の場合)

mSv=Bq×1.3÷100,000(青年の場合)

mSv=Bq×1.0÷100,000(少年の場合)

mSv=Bq×9.7÷1,000,000(幼児の場合)

青年の場合、5,000 ベクレル/kg の牛肉を 200g(0.2kg)食べた場合、摂取され るベクレルは 1,000 となり、内部被曝実効線量(ミリシーベルト)は以下のよ うに計算されます。

1,000×1.3÷100,000=0.013 ミリシーベルト

したがって、このような高濃度の放射性セシウムを含んだ牛肉を誤って毎日ス テーキとして 200g ずつ 5 日間(計 1kg、計 5,000 ベクレル)食べ続けてもこの ステーキからの被曝量は 0.065 ミリシーベルトであり、大気や他の食材からの 被曝が大きくなければ、健康に被害をもたらすことはないと考えられます(例 えば病院などで、検査のために CT 検査を受けると一回の検査で 10 ミリシーベ ルト以上の被曝を受けるとされています)。しかし、以下に記述しますように、 食肉汚染の原因は環境汚染(土壌汚染)ですので、食肉から被曝を受ける場合 には食肉以外からも被曝を受けていると考えるのが妥当です。したがって、で きるだけ総被曝量を減らす努力が必要なことは言うまでもありません(そのような高濃度汚染がある牛肉はできるだけ避ける)。

放射性セシウムよる外部被曝(土壌等から直接受ける被曝)ならびに内部被曝 (放射性セシウムを含有している食品等摂取による)がヒト健康におよぼす影 響ついては、よく知られていないのが現状です。1986 年に起きた旧ソビエト連 邦チェルノブイリ原発事故でも今回の福島原発事故と同様に、放射性ヨウ素と 放射性セシウムによる環境汚染が起こりました。放射性ヨウ素は半減期(その 活性が半分になるのに要する時間)が 8 日間ですので、一旦放散が起こっても 持続的放散がなければ環境中から急速に消えていきます(放射性ヨウ素による 健康被害に関しては甲状腺がんが有名です)。放射性セシウムは約 30 年と長い ため、放射性セシウムによる環境汚染は長期間持続します。環境汚染(土壌等 に放射性セシウムが沈着し存在すること)があると、食物等を通じて内部被曝 も起こります(汚染地域の植物が汚染され、それを食べた動物などの食肉も汚 染される)。

事故後 25 年経た現在でも放射性セシウムによる軽度汚染地域がチェルノブイリ 周辺には存在し、その軽度汚染地域に現在でも約 500 万人が居住しています。 これら地域に居住している方々の健康診断やがん発生の調査を通じて放射性セ シウムの及ぼす健康被害の研究が続けられているわけですが、学術的に証明さ れた健康被害は現在のところ起こってないと言っても過言ではありません(甲 状腺がんは放射性ヨウ素被曝によって起こりました)。しかし、専門家達はこの 500 万人の中で、原発事故による環境汚染のため、がんで死亡する方が余分に 5,000 名増えるだろうと試算しています(環境汚染がなければがんで死亡する方 は約 100 万人のところ、100.5 万人になると試算している)。このような 0.5% 程度のわずかな増加は、学術的に証明することの困難さが指摘されており、「学 術的に証明された健康被害は現在のところ起こってない」ことは、「健康被害を 起こさない」ということではありませんのでご注意下さい。増加が懸念される がんの種類には白血病などの血液がんや乳がんなどがあります。妊娠婦人にお いては次世代への影響も懸念されますので、要心にこしたことはありませんが、 この次世代への影響についても軽度の被曝(累積で数十ミリシーベルト程度ま で)では現在のところ、学術的に証明されたものはないようです。

関連記事

  1. 「こそだてハック」の記事を監修しました

  2. 「こそだてハック」の記事を監修しました

  3. 「こそだてハック」の記事を監修しました

  4. 公式LINE@、開始しました!

  5. m3.com インタビュー記事

  6. 「こそだてハック」の記事を監修しました