婦人科

腹腔鏡手術

卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術の特長は、身体への侵襲が少なく、入院期間が短いことです。

内視鏡手術に熟練した医師が手術を行いますのでご安心ください。
婦人科良性腫瘍(子宮筋腫、卵巣腫瘍など)はほとんど内視鏡手術で治療することが可能ですのでぜひご相談ください。
婦人科は、女性の身体を専門に扱う科ですから、診療の際は常にその後の生活を念頭に置いています。
婦人科の病気では、女性の象徴でもある子宮などを摘出しなければならないケースもありますが、患者さんにとって負担が大きいこともあり、基本的にそうした器官をなるべく温存する方向で治療を進めています。
また、女性にとって大きな手術痕が残ることは美容的にも大きな問題です。当院では美容的なことも考慮し、また、体への負担を少なくするため、できるだけ手術によるきずを小さくするようにしています。
もちろん診療の際にはあらゆる方策を検討し、ご本人とも十分に時間をかけて治療方針を話し合います。

当院で力を入れているのが「日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医」による内視鏡手術治療です。
婦人科疾患では子宮筋腫や卵巣のう腫の頻度が高く、それらの治療法は手術が基本です。
当院では、「日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医」のもと、上記の内視鏡手術を実施しております。
当院は「日本産科婦人科内視鏡学会 認定研修施設」です。

一般的な手術(開腹術)は、皮膚を切開し、医師が病巣に直接手で触れて行います。これに対して腹腔鏡手術では、おなかの中を観察するカメラと、手の代わりに持ったり切ったりする道具(鉗子)を使用します。
おなかに数カ所(2〜3カ所)の小さな穴(5〜12mm)をあけ、カメラや鉗子を通す筒(トロッカー)を入れます。子宮を動かすための道具(マニピュレーター)を腟側から子宮内に向けて入れる場合もあります。必要があれば下腹部に小さい傷(3〜5cm)を追加します。

適応疾患
腹腔鏡手術で行う主な病気は、卵巣腫瘍、異所性妊娠(子宮外妊娠)、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症などです。
腹腔鏡手術で行うか、開腹手術で行うかは、病気の状態と患者さんのご希望を考慮して医師と相談して決まります。

開腹術と比較した腹腔鏡手術のメリット
傷が小さいため、美容的にすぐれています。手術後の痛みも軽く回復が早いため、入院期間が短くて済みます。
手術によって起きる癒着が少ないと報告されています。

開腹術と比較した腹腔鏡手術のデメリット
気腹やトロッカー挿入に伴う合併症など、腹腔鏡手術特有の合併症があります。
腹腔鏡手術はカメラによる限られた視野で、鉗子による遠隔操作で行います。このため他臓器損傷などは腹腔鏡手術のほうが起こりやすいと報告されています。
癒着が強い場合、出血が止めにくい場合など腹腔鏡手術では困難な場合に、開腹手術に移行することがあります。

  LM:腹腔鏡下筋腫核出術
  LC:腹腔鏡下卵巣のう腫核出術
  TLH:全腹腔鏡下子宮全摘術
  LT:腹腔鏡下卵管切除術
  LA:腹腔鏡下付属器切除術
  LAM:腹腔鏡補助下子宮筋腫核出術

藤東クリニックでは、内視鏡手術に熟練した「日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医」が手術を行いますのでご安心ください。

婦人科

  1. 婦人病一般

    婦人病一般

    女性には独特の生理現象がありますが、これに異常をきたすと大変つらいことになります。また、病気の性質上、気軽に相談 しにくいこともあり、病気の発見が遅れることにつながります。まず一度、勇気を出してぜひご相談ください。

  2. 婦人科の病気

    婦人科の病気

    「婦人科の病気」について詳しく解説します。

  3. 内視鏡手術

    内視鏡手術

    内視鏡手術の特長は、身体への侵襲が少なく、入院期間が短いことです。婦人科良性腫瘍(子宮筋腫、卵巣腫瘍など)はほとんど内視鏡手術で治療することが可能ですのでぜひご相談ください。

  4. 子宮がん検診

    子宮がん検診

    子宮頸がんの患者さんは、20歳代後半~40歳代後半と若い世代に多いがんです。早期に発見すれば治癒しやすいことから、早期発見が大変重要といえます。

  5. 不妊症

    不妊症

    妊娠しようとしているにもかかわらず、一定の期間を経ても妊娠しない状態を不妊症といいます。

  6. 子宮鏡手術

    子宮鏡手術

    子宮鏡手術は、子宮用の細い内視鏡を子宮の入り口から挿入して、子宮内の様子をモニターで観ながら病変を電気メスで切開・切除します。 腹部の傷がなく、体への負担が少ない手術です。

  7. 円錐切除

    円錐切除

    前がん病変や、上皮内がんでは、円錐切除法で治療できます。子宮のほとんどを残すことができ、妊娠・出産も可能です。当院では高周波を用いたLEEP装置を用いて、日帰り手術を行っています。

  8. 子宮鏡検査

    子宮鏡検査

    不正性器出血の原因検索、子宮頚管や内腔の癒着や隆起性病変の有無の確認、また子宮内膜の機能を評価することもでき、不妊検査の一つとしても非常に有用な検査です。

  9. 腹腔鏡手術

    腹腔鏡手術

    卵巣腫瘍、子宮筋腫、不妊症や月経困難症などの検査や、治療に内視鏡を用いた手術を行っています。 内視鏡手術の特長は、身体への侵襲が少なく、入院期間が短いことです。