内診室に新しい超音波検査装置を導入しました

今回導入した装置はGE社製の最新超音波検査装置 Voluson P8 BT16で、従来の超音波機よりも高画質な画像を描出できるため、これまで以上に、皆様のお役に立つことができると思っています。


超音波画像診断装置 Voluson P8 BT16

Voluso P8 BT16の誕生です
経腟エコーにVolusonクオリティ Voluson Core Architectureを搭載し、高画質、優れた機能と操作性を兼ね備えたVoluson P8 BT16。
コンパクトな内診室向けエコーです。

高画質Bモード・高感度ドプラ・HD Zoom
基本画像にこだわるVoluson。Voluson Core Architectureの搭載により、分解能、透過性、ドプラ感度など、すべてのクオリティがさらに向上しました。
関心領域内の音線密度を上げるHD Zoomはより細かい観察に有用です。

関連記事

  1. 「ままのて」の記事を監修しました

  2. 「こそだてハック」の記事を監修しました

  3. 「mamanoko」の記事を監修しました

  4. 過多月経、月経困難症の新しい治療法

  5. 乳児用粉ミルクの放射性セシウム汚染について心配しておられる …

  6. 日本産科婦人科内視鏡学会 認定研修施設